• トップ
  • リリース
  • 医薬品輸送時の温度トレースと個体管理を同時に実現する温度トレース機能付医薬品用保冷パッケージ“Xシリーズ”を発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

トッパン・フォームズ株式会社

医薬品輸送時の温度トレースと個体管理を同時に実現する温度トレース機能付医薬品用保冷パッケージ“Xシリーズ”を発売

(@Press) 2018年07月31日(火)13時45分配信 @Press

デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、医薬品等の輸送時に保冷箱内外の温度トレースとICタグを活用した個体管理が同時に可能な「温度トレース機能付医薬品用保冷パッケージ“Xシリーズ”(以下Xシリーズ)」の販売を開始します。
「Xシリーズ」は、医薬品輸送に最適な2〜8℃での運用に合わせて、保冷箱とメカクール保冷剤、温度ロガー「オントレイシス タグ」をパッケージ化。購入時から最適化された環境での医薬品輸送を温度トレースしながら行うことができます。さらに電波透過性が高い新素材生地を採用し、輸送する医薬品に貼付したICタグの一括読み取りを実現しました。これまで保冷箱を開けて一つひとつバーコードなどの読み取りが必要だった入出庫時の検品作業などを大幅に効率化することができます。
トッパンフォームズは「Xシリーズ」の提供により、お客さまの輸送品質の向上と業務効率化に貢献するとともに、医薬品の流通過程における国際的品質管理基準GDP(Good Distribution Practice)に従い、厳格化する輸送時の品質管理を支援していきます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/162503/img_162503_1.jpg
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/162503/img_162503_2.jpg

【特長】
1. ICタグを活用した検品作業などが可能となり、作業効率が大幅に向上
保冷箱の生地を電波透過性が高い新素材に変更することで、保冷箱外から
内部のICタグを一括で読み取ることが可能となり、従来バーコードで行っていた
検品などの作業を大幅に効率化。
2. さまざまな工夫により高い輸送品質を実現
独自構造の定温ポケットにメカクール保冷剤をセットすることで医薬品輸送に
最適な2℃〜8℃を長時間保持可能。また、輸送時の保冷箱内外の温度を同時に
トレースでき、電波法に準拠しているため、航空機への搭載も可能に。
3. スマートフォンで輸送時のデータ確認や送付が容易
輸送時の温度データやGPS機能と連携した位置情報データのトレースが
同時に可能。収集したデータは、スマートフォン上でのグラフ表示など
視覚的な確認だけでなく、CSVでメール送信することで上位システムへの
連携も実現。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/162503/img_162503_3.jpg
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/162503/img_162503_4.jpg

以上

*「ゲート型RFIDリーダー」はトッパン・フォームズ株式会社にて特許出願中です。
※「デジタルハイブリッド」「MechaCool/メカクール」
「Ontrasys/オントレイシス」は、トッパン・フォームズ株式会社の
登録商標です。
※ その他記載された製品名などは各社の登録商標あるいは商標です。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る