• トップ
  • リリース
  • 小型形状と高い堅牢性を両立 奥行1.7mm基板対基板用コネクタ

プレスリリース

  • 記事画像1

第一精工株式会社

小型形状と高い堅牢性を両立 奥行1.7mm基板対基板用コネクタ

(@Press) 2018年08月02日(木)12時00分配信 @Press

第一精工株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:小西 英樹、東証第一部 コード番号:6640)は、コネクタ関連の事業ブランド「I-PEX Connectors」より販売する基板対基板コネクタNOVASTACK(R)シリーズにおいて、奥行1.7mmの小型形状でありながら高い堅牢性を実現した「NOVASTACK(R) 35-PN」を開発いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/161801/LL_img_161801_1.jpg
NOVASTACK(R) 35-PN

■新製品の名称
「NOVASTACK(R) 35-PN」基板対基板(FPC)用コネクタ


■新製品開発の経緯
モバイル機器の小型化やそれに伴う内部基盤の高密度化により、機器内部に使用される基板対基板コネクタにおいても、基板専有面積の削減が求められています。一方で、コネクタが小型化することによって嵌合作業が困難になることから生じる、コネクタの破損といった問題への対策が課題となっています。
当社は、これまで基板対基板コネクタ“NOVASTACK(R)シリーズ”の開発・販売を通じて情報通信機器の小型化・高密度化に貢献してまいりました。そうした中、この度、モバイル市場・機器向けに奥行を1.7mmに小型化し、かつ高い堅牢性を実現した基板対基板コネクタ「NOVASTACK(R) 35-PN」を開発するに至りました。


■新製品の概要
<内容>
0.35mmピッチの基板対基板(FPC)用コネクタにおいて、奥行1.7mmという小型化を実現したコネクタです。小型形状でありながら堅牢なメタルガイド構造を持ち、嵌合時の破損を防止しスムーズな挿入を誘います。ホールドダウンは4A x 2本の電源コンタクトとしても使用可能です。

<特長>
- 1.7mmの奥行により基板専有面積を削減
- 堅牢なメタルガイドによるスムーズな嵌合と強度UPを実現
- ホールドダウンは4A x 2本の電源コンタクトとして使用可能


■会社概要
商号 : 第一精工株式会社
代表者 : 代表取締役社長 小西 英樹
所在地 : 〒612-8024 京都市伏見区桃山町根来12番地4
設立 : 1963年7月10日
資本金 : 85億2千2百万円(2016年12月31日現在)
事業内容: ・コネクタおよびエレクトロニクス機構部品事業
・自動車電装・関連部品事業
・半導体設備およびその他の事業
URL : http://www.daiichi-seiko.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る