• トップ
  • リリース
  • ケルヒャー『夏のアウトドアレジャー』アンケート調査水源がなくて汚れ落としに困る方が7割超!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ケルヒャー ジャパン株式会社

ケルヒャー『夏のアウトドアレジャー』アンケート調査水源がなくて汚れ落としに困る方が7割超!

(@Press) 2018年07月19日(木)18時30分配信 @Press

清掃機器の最大手メーカー、ドイツ・ケルヒャー社の日本法人、ケルヒャー ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤八郎)は、30〜50歳代の男女を対象にアウトドアレジャーの片付けに関するアンケートを実施し、レジャーを楽しんだ後の片付けにどのような悩みがあるのか調査しました。
近年人気を集めるアウトドアレジャー、最近ではグランピングなどの新たな楽しみ方も生まれており、今後もますます人気が高まっていくことが予想されます。一般社団法人日本オートキャンプ協会によると、過去1年間に1泊以上オートキャンプをした人は約840万人と推計され、5年連続で前年を上回っているとのことです。この840万人という数字は2002年以来のもので、キャンプを含めたアウトドアレジャーが再びブームになっている傾向があります。(注1)

(注1)出典:一般社団法人日本オートキャンプ協会『オートキャンプ白書2018』

■Q1.アウトドアレジャーを行った後の片付けは面倒だと思いますか?(単一回答)
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/161530/img_161530_1.png

■Q2.アウトドアレジャー後の片付けできれいにしたいものは何ですか?(複数回答)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/161530/img_161530_2.png


アウトドアレジャーの片付けを面倒だと感じている人が8割超え!
きれいにしたいモノでは、定番グッズの「靴・サンダル」、「コンロ」等が上位にランクイン!
楽しいレジャーの後、避けて通れないのが後片付け。アウトドアレジャーを行った後の片付けの面倒さについての質問には、82%の人が「面倒だと思う」と答えています。また、アウトドアレジャー後きれいにしたいものについては、過半数の50人以上が「靴、サンダル」、「コンロ」、「テント・タープ」、「テーブル・チェア」を挙げました。このほかにも「衣類」や「シート」、「身体(手足)」など複数の項目を挙げる人が多く、さまざまなグッズを用意するアウトドアレジャーでは、その片付けに悩まされている人が多いようです。

■Q3.アウトドアレジャーでついた汚れにどのように対処していますか?(単一回答)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/161530/img_161530_3.png

■Q4.アウトドアレジャーの汚れ落としで、水源がなくて困ったことはありますか?(単一回答)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/161530/img_161530_4.png


その場で水を使って汚れを洗い落とす人が6割を超す一方で、
水源がなくて汚れ落としに困ったことがある人が約7割!

アウトドアレジャーでついた汚れの対処方法について質問したところ、「その場で水を使って簡単に洗い落とす」と答えた人が最も多い結果になりました。2位以降の「その場で簡単に洗い、家でも本格的に洗う」「その場で本格的に洗う」と合わせると『その場で汚れを落とす人』は全体の65%で、半数以上の人がその場で汚れ落としを行っています。
一方で、アウトドアレジャーの汚れ落としで水源がなくて困ったことがあるかの質問では「よくある」、「たまにある」と答えた人が69%と、約7割の人が困った経験があることがわかりました。
アウトドアレジャーでついた汚れには、多くの方がその場で対処するものの、水源がないために、思ったように汚れを落とすことができない、というお悩みがあるようです。

■Q5.アウトドアグッズの汚れを落とさなかったことで、失敗した経験はありますか?(単一回答)
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/161530/img_161530_5.png

過半数の方がアウトドアグッズの汚れ落としで失敗の経験あり!

アウトドアグッズの汚れを落とさなかったことで失敗したことがあるか質問したところ「よくある」、「たまにある」と答えた人が52%と、過半数を占めました。水源がないために汚れを落とせず、ものが錆びてしまったり、汚れたまま車に積み込んだことで車も汚してしまう、といった失敗談が聞かれました。


アウトドアレジャーの汚れ落としに関するエピソード
■海水浴で洗う水がないので身体が塩でべたべたになった。(30代男性)
■サーフィンをした際に、海岸でボードを洗う場所がなくて困った。(30代男性)
■海辺のバーベキューで砂だらけになったキャンプ道具を片付ける際、車に砂を持ち込んでしまい、後片付けが大変だった。(40代女性)
■帰宅して洗おうと思っていたが、そのままずっと忘れてしまい汚れが落ちなくなったり、食器具などについた汚れが腐敗したりしたことがある。(40代女性)
■炊事場から遠い場所でキャンプをやっていて、道具を洗う際に炊事場にもっていく事。出来ればそこである程度汚れを取りたい。(40代女性)

■調査概要
調査主体:ケルヒャー ジャパン株式会社
調査対象:過去3年以内にアウトドアレジャーを行ったことのある30〜50代の男女100名
調査方法:WEBアンケート
調査時期:2018年7月11日(水) 〜13日(金)

夏のアウトドアレジャーのおともに!
どこでも使えるマルチクリーナー「OC3」で大人の水遊び

アウトドアレジャー後の簡単な汚れ落としは
水源・電源要らずのマルチクリーナー「OC3」におまかせ!

家庭用マルチクリーナー「OC3」はバッテリータイプで給水タンク一体型の洗浄機です。簡単に持ち運べるコンパクト設計で、キャンプや、バーベキュー、サーフィンなどのアウトドアレジャーでも便利に使えます。使用したグッズについた汚れをその場でサッと落とすのに最適です。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/161530/img_161530_6.jpg
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/161530/img_161530_7.jpg
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/161530/img_161530_8.jpg
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/161530/img_161530_9.jpg

水を補給したらスイッチを押してトリガーガンを握るだけ。面倒な準備は必要なく、簡単に扱うことができ、いつでも、どこでも、誰でも、手軽に洗浄することができます。扇状のフラットな水流で、水圧が洗浄面に対して均一にかかるため、低圧(水道圧の約2倍)でも効率的に洗浄が可能です。

【下記ケルヒャー ジャパン公式WEBページでアウトドアを快適に楽しむ準備と片付けのコツを公開中!】
https://www.kaercher.com/jp/home-garden/mobile-cleaning/2018_outdoor_r.html

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る