• トップ
  • リリース
  • 〜若齢化する“物忘れ”にもアプローチ〜記憶力応援サプリメント2018年8月23日(木)より新発売!『明覚源(めいかくげん)』

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ハーバー研究所

〜若齢化する“物忘れ”にもアプローチ〜記憶力応援サプリメント2018年8月23日(木)より新発売!『明覚源(めいかくげん)』

(@Press) 2018年07月18日(水)12時00分配信 @Press

株式会社ハーバー研究所(所在地:東京都千代田区)は、高齢者だけでなく、若齢化する“物忘れ”にもアプローチしたサプリメント『明覚源』を2018年8月23日(木)より、通信販売および全国のショップハーバーにて新発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/161277/img_161277_1.jpg

近年、物忘れは高齢者だけの問題ではなく、20代をはじめとする若齢世代にも広がっていると言われています。多量の情報処理を必要とするデジタル化社会による脳疲労、常に競争を強いられ、時間に追われるなどの精神的ストレスは、幅広い世代に物忘れを引き起こしています。
『明覚源』は高齢者に限らず、若齢化する物忘れも視野に入れたサプリメントです。
加齢による原因に加え、デジタル化に伴う脳疲労、精神的ストレス、またそれに伴う睡眠不足など、幅広い世代に共通する原因にも着目し、開発しました。
主成分は、抗酸化作用の高いフラボノイドやギンコライドを含むことで知られるイチョウ葉エキスに注目。なかでも、有用成分が多く含まれる青葉からエキスを抽出しました。さらに情報伝達において重要な役割を果たすホスファチジルセリン、ねむりをサポートするラフマ葉エキス、記憶や集中に関わるローズマリーエキス、炎症対策の黒ショウガエキス末を独自配合。物忘れが気になる方、覚えることが多い方、よく頭を使う方におすすめです。

『明覚源』 商品概要
□ 商品名:明覚源(めいかくげん)
□ 発売日:2018年8月23日(木)
□ 容 量:120粒 約30日分
□ 価 格:3,200円(税別)
□ 摂取目安量:1日4粒。目安量を守り、水などと一緒にお召し上がりください。
1日の終わりにお召し上がりになることをおすすめします。
□ 商品特徴〜ハーバーはここが違います!〜
1.加齢による物忘れに限らず、幅広い世代に共通する原因にも着目。
物忘れの原因
精神的ストレス 脳 疲 労 睡眠不足 加 齢
2.今注目のイチョウ葉エキスを中心とした独自処方で記憶力をサポート。
≪イチョウ葉エキス≫有用成分を多く含む青葉から抽出。ポリフェノールの一種である
フラボノイド、イチョウ葉特有成分のギンコライドを含む。
≪ホスファチジルセリン≫ヒトの脳に多く存在し、情報伝達において重要な役割を果た
す。
≪ラフマ葉エキス≫ねむりの質、心の安定に期待されている植物として知られる。
≪ローズマリーエキス≫昔から記憶や集中に関わる植物として知られる。
≪黒ショウガエキス末≫酸化、炎症に着目した抽出物。
□ 栄養成分表示 [4粒(0.9g)当たり]
エネルギー 3kcal、たんぱく質 0.006g、脂質 0.02g、炭水化物 0.8g、食塩相当量 0.001g
□ 原材料
澱粉(国内製造)、イチョウ葉抽出物、ラフマ葉抽出物、ホスファチジルセリン、黒ショウガ抽出物末、ローズマリー抽出物/HPMC、トレハロース、微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸Ca、着色料(酸化チタン)、(原材料の一部に大豆を含む)
□ 保存方法:直射日光・高温多湿を避け冷暗所に保存してください。
□ ご注意
・妊娠・授乳中・妊娠を計画されている方や乳幼児は摂取をお控えください。
・薬(特に抗血小板薬、ワルファリン等の抗血液凝固薬)を服用中あるいは通院中の
方(特に歯科治療や手術などの出血を伴う治療を受ける方)及び持病をお持ちの方
は医師にご相談ください。

□ お客様からのお問い合わせ先
ハーバー研究所 フリーダイヤル 0120-16-8080 www.haba.co.jp/


【会社概要】
商号 : 株式会社ハーバー研究所
代表者 : 代表取締役社長 小柳 典子
所在地 : 東京都千代田区神田須田町1-24-11
設立 : 1983年5月
事業内容: 自然化粧品・医薬部外品・栄養補助食品の開発、製造、販売
資本金 : 6億9,645万円
URL : www.haba.co.jp/


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る