• トップ
  • リリース
  • BIGLOBEのIoTデバイス「BL-02」が、「MM総研大賞2018 スマートソリューション部門 IoT分野」で最優秀賞を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ビッグローブ株式会社

BIGLOBEのIoTデバイス「BL-02」が、「MM総研大賞2018 スマートソリューション部門 IoT分野」で最優秀賞を受賞

(@Press) 2018年06月18日(月)15時15分配信 @Press

BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2018/06/180618-1


 BIGLOBEが提供するAndroid(TM)搭載IoTデバイス「BL-02」が、本日、株式会社MM総研(以下、MM総研)主催の「MM総研大賞2018」において、「スマートソリューション部門 IoT分野」で最優秀賞を受賞しました。
https://office.biglobe.ne.jp/bl/

<受賞ロゴ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/158735/img_158735_1.jpg
<デバイス画像>
https://www.atpress.ne.jp/releases/158735/img_158735_2.jpg

 「BL-02」は、10軸センサとLTE通信機能を備えた名刺サイズのIoTデバイスです。本デバイスを活用することで、人の動きを可視化する行動センシング(注1)で生産性を向上させたり、車の運行状況を把握し効率化をはかることが可能です。また、クラウドやAIとスムースな連携ができるほか、多様な業務に1台で対応できるマルチデバイスとしても利用できます。

 「MM総研大賞2018」の審査では、Android標準開発ツールを使い、既存のAndroid用モジュールを活用することで容易にアプリケーション開発ができる点などが高く評価されています。このたびの受賞を励みに、「BL-02」を核にした企業向けのIoTサービスを「IoT Anywhere w/ AI」のコンセプトのもと展開し、多くの企業現場での課題解決をサポートしていきます。

MM総研のニュースリリースページ
https://www.m2ri.jp/news/detail.html?id=309


 「MM総研大賞2018」と「スマートソリューション部門」の概要は以下の通りです。

・「MM総研大賞」
 ICT分野の市場、産業の発展を促すきっかけとなることを目的に、MM総研が2004年に創設した表彰制度で、2018年度で15回目となります。優れたICT技術で積極的に新商品や新市場の開拓に取り組んでいる企業を表彰するものです。「スマートソリューション部門」、「話題賞」、「ものづくり優秀賞」、「次世代映像技術部門賞」、「大賞」の表彰を行います。

・「スマートソリューション部門」
 スマート社会の核となるスマートソリューションが対象です。製品・サービス事業全般に対する「認知度」、「信頼性」、「使いやすさ」、「先進性/革新性」、「独創性」、「価格妥当性」、「市場性」、「基盤製品・サービスとしての可能性」などの項目について、Webアンケートによる消費者調査や企業への取材評価、さらに有識者審査を経て、MM総研にて受賞企業を決定します。


 BIGLOBEはネットとリアルの世界の「Life-changing Company」を目指し、お客さま一人ひとりのかなえたい想いを実現してまいります。


(注1) 対象者にウェアラブルデバイスを携帯させることで、現在地の把握や行動軌跡をリアルタイムで可視化します。マップと連携させて工場やホテルでの働き方を見える化するなど、作業効率向上などに活用できます。行動センシングソリューションは、パートナー企業と連携し提供します。


※BIGLOBEのニュースリリースは http://www.biglobe.co.jp/pressroom からご覧になれます。
※記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。
※「Android」は、Google LLCの商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る