• トップ
  • リリース
  • 〜難民のふるさとの味を学食で〜「Meal for Refugees」和泉、駿河台、生田キャンパスで実施

プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人明治大学広報課

〜難民のふるさとの味を学食で〜「Meal for Refugees」和泉、駿河台、生田キャンパスで実施

(@Press) 2018年06月04日(月)11時00分配信 @Press

明治大学公認サークル「MIFO(Meiji International Friendship Organization)」は、難民のふるさとの味を伝える“Meal for Refugees(M4R)”を、6月18日(月)〜6月22日(金)に和泉キャンパスで、6月25日(月)〜6月29日(金)に駿河台キャンパスと生田キャンパスで実施いたします。
「Meal for Refugees(M4R)」とは、認定NPO法人難民支援協会が、日本で暮らす難民とともに作った料理レシピ本『海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders』から生まれた社会貢献プロジェクトです。日本に逃れてきた難民の故郷の味を、より多くの人々に提供することで、難民への関心・理解を深めてもらうことを目的としています。公認サークル「MIFO」と難民支援協会(JAR)の協力で実現し、今回で7回目の開催となります。和泉キャンパスではパキスタン風炊き込みごはん「ビリヤニ」を、駿河台キャンパスで鶏肉のガラムマサラ炒めとカレンのココナッツミルク白玉を、生田キャンパスでは日替わりのメニューを楽しめます。売り上げの一部は、難民支援協会(JAR)を通じて、日本で暮らす難民の方に寄付されます。

■Meal for Refugees(M4R)
主催:MIFO(Meiji International Friendship Organization)
共催:認定NPO法人 難民支援協会(JAR)
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/157730/table_157730_1.jpg



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る