• トップ
  • リリース
  • 三井化学、オランダに欧州初のPPコンパウンド自社拠点を設立 〜PP自動車材コンパウンドの世界トップ戦略の強化〜

プレスリリース

  • 記事画像1

三井化学株式会社、株式会社プライムポリマー

三井化学、オランダに欧州初のPPコンパウンド自社拠点を設立 〜PP自動車材コンパウンドの世界トップ戦略の強化〜

(@Press) 2018年05月30日(水)14時00分配信 @Press

三井化学株式会社(代表取締役社長:淡輪 敏)及び株式会社プライムポリマー(代表取締役社長:浜田 直士 三井化学65%、出光興産35%)は、三井物産株式会社(代表取締役社長: 安永 竜夫)と共同で、自動車の軽量化に貢献するポリプロピレン(PP)コンパウンドのグローバルでの需要拡大に対応するべく、オランダ Chemelot工業区内に欧州初の自社生産拠点「Mitsui Prime Advanced Composites Europe B.V.」を設立し、2020年6月に営業運転を開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/157561/LL_img_157561_1.jpg
オランダ工場完成イメージ図

三井化学グループは現在、世界8つの地域(日本、アメリカ、メキシコ、欧州、タイ、中国、インド、ブラジル)に製造拠点を、5つの地域(日本、アメリカ、欧州、タイ、中国)に研究拠点を有し、自動車の軽量化に貢献する高品質なPPコンパウンドの生産・販売・研究体制を強化しております。
昨今の環境規制強化による自動車の軽量化ニーズは世界中で高まっており、ニーズに合致したPPコンパウンドを使用したバンパーやインパネ材等の需要は年々増加しています。また、当社の軽量化技術は欧州自動車メーカーからも高い評価を得ており、欧州事業の拡大が見込まれます。今回オランダに欧州初の自社生産拠点を設立することで、欧州に製販研の一貫体制が整うことになり、欧州拠点の自動車メーカー、部品メーカーに対して、効果的な軽量化ソリューションを提供します。

三井化学グループは、今後とも高品質の製品を供給する製造・販売・技術サービス体制を拡充し、さらなるPPコンパウンド事業の強化・拡大を積極的に進めてまいります。


<新会社の概要>
会社名(仮称):Mitsui Prime Advanced Composites Europe B.V.(略称ACE)
所在地 :オランダ・リンブルグ州 Chemelot工業区内
設立 :2018年6月
資本金 :18.4百万ユーロ(約24億円)
出資 :三井化学75%、プライムポリマー10%、三井物産15%
生産能力 :30千t/年
営業運転開始:2020年6月予定


■オランダ工場完成イメージ図
https://www.atpress.ne.jp/releases/157561/img_157561_1.jpg

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る