• トップ
  • リリース
  • ー醤油メーカー企業と大学生が地元里山農園で協働プロジェクトー「みらいにつなぐ調味料開発」2018年春から東生田トカイナカヴィレッジ松本傳左衛門農園で

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

学校法人明治大学広報課

ー醤油メーカー企業と大学生が地元里山農園で協働プロジェクトー「みらいにつなぐ調味料開発」2018年春から東生田トカイナカヴィレッジ松本傳左衛門農園で

(@Press) 2018年05月28日(月)11時45分配信 @Press

明治大学農学部食料環境政策学科の本所靖博専任講師(環境資源会計論研究室川崎市多摩区東三田)は、老舗の醤油メーカー正田醤油株式会社(群馬県館林市)とトカイナカヴィレッジ松本傳左衛門農園(川崎市多摩区東生田)の協力のもと、川崎野菜を使った調味料の研究開発を行います。

明治大学農学部本所ゼミでは、地元川崎の都市農業を舞台に、日本の食と農をめぐる諸問題に社会科学の視点から、農家めしの研究やマルシェなどに参加し、実践的なテーマでゼミ活動に取り組んでいます。このたび、正田醤油株式会社の中でも国産原料にこだわり、「未来につながる食卓」を追求する「文右衛門蔵」ブランドのCSR活動と同大学の目指す方向性が一致し、協働でのプロジェクトを実施することになりました。主な活動としては、1「伝統調味料の研究学習」2「川崎野菜での加工品の研究試作」3「加工品の販売促進マーケティング実践」になります。
使用する野菜と試作場所はトカイナカヴィレッジ松本傳左衛門農園が提供し、試作品は同ゼミが参加するさまざまなイベントで試供・販売しマーケティングデータとしてアーカイブ、レポート化を行います。大学生に、現地でのイベント等を通じて農業・農地に触れてもらい、日本の農業について企業と生産者と一緒に直接的に考える機会を増やしていければと考えます。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る