• トップ
  • リリース
  • 「見えない」「聞こえない」について考えてみよう映画『ハンサム★スーツ』バリアフリー上映会を5月28日開催

プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人明治大学広報課

「見えない」「聞こえない」について考えてみよう映画『ハンサム★スーツ』バリアフリー上映会を5月28日開催

(@Press) 2018年05月21日(月)11時00分配信 @Press

明治大学和泉ボランティアセンターは、5月28日(月)、和泉キャンパス・和泉図書館ホールにて、映画『ハンサム★スーツ』のバリアフリー上映会を開催します。
多くの人々が映画館での鑑賞を楽しんでいる一方で、「聞こえない」「聞こえにくい」「見えない」「見えにくい」といった障がいを持つ人々は、映画館での映画鑑賞を十分に楽しめていないのが現状です。本イベントでは、学生がバリアフリー映画を体験することで、その魅力を広め、障がい・多様性や言語表現などについて考えるきっかけづくりをしたいと考えます。日本語字幕・音声ガイド付きのため、学生はもちろん、視覚障がいや聴覚障がいを持った方も、映画を楽しむことができます。

■バリアフリー映画のこれまでとこれから〜和泉キャンパスと近隣地域〜
明治大学和泉キャンパスでは2012〜2016年度まで、学生有志「バリアフリー映画祭実行委員会」が毎年「バリアフリー映画祭」を開催し、多くの視覚障がいの方や支援者の方、地域の方々と貴重な交流を行ってきました。今後、障がいのありなしに関わらず、国内人口の高齢化や2020年のパラリンピックに伴い、ますますバリアフリー視聴へのニーズは高まっていくと予想されています。明治大学ではバリアフリー上映会を引き続き開催し、映画と言う親しみやすい入口から「バリアフリー」や「障がい」などについて考えてもらうきっかけづくりがしたいと考えます。

表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/156907/table_156907_1.jpg





プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る