• トップ
  • リリース
  • 人工知能(AI)があなたの顔のタイプを分析、あなたのイメージに合うファッションアイテムを提案するクラウドサービス「Styling Map(R) デジタルスタイリング」と提携

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

伊藤忠ファッションシステム株式会社 、一般社団法人日本ファッションスタイリスト協会、株式会社マネーパートナーズソリューションズ

人工知能(AI)があなたの顔のタイプを分析、あなたのイメージに合うファッションアイテムを提案するクラウドサービス「Styling Map(R) デジタルスタイリング」と提携

(@Press) 2018年05月08日(火)11時15分配信 @Press

伊藤忠ファッションシステム株式会社(本社:東京都港区、社長:駒谷 隆明、以下「IFS」)と、一般社団法人日本ファッションスタイリスト協会(本部:東京都渋谷区、代表理事:あいざわ あゆみ、以下「FSA」)並びに株式会社マネーパートナーズソリューションズ(本社:東京都港区、社長:小西 啓太、以下「MPS」)は、FSAとMPSが共同で開発し展開するファッション系のAIサービス「Styling Map(R) デジタルスタイリング」について、IFSがマーケティングパートナーとして提携いたしました。

これにより、IFSでは、アパレル、洋品雑貨、化粧品を取り扱うメーカー卸、百貨店、専門店、セレクトショップなどのリテイラー、およびECプレイヤーに向け、人工知能(AI)によるファッションアイテム・リコメンドサービスの提供を開始します。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/155969/LL_img_155969_1.jpg
Styling Map(R)


【Styling Map(R) デジタルスタイリングとは】
「Styling Map(R) デジタルスタイリング」は、Styling Map(R)によるスタイリングのノウハウを人工知能(AI)化したオンラインスタイリングサービスです。
使い方はユーザーの顔画像をアップロードするだけです。(もしくは顔画像とアンケートを組み合わせて個性と好みをマッチングさせたアイテムを提案する事も可能です。)
人工知能(AI)がユーザーの顔画像からユーザーの個性をStyling Map(R)で分析し、その個性に合うアイテムを提案されます。
自分専用のスタイリストがいつでもどこでもスタイリングを提案してくれるような感覚をご体験いただけます。

Styling Map(R) デジタルスタイリングは、3月7日より伊勢丹オンラインストアの「WOMEN SIZE(大きいサイズの婦人服)」にて世の中で初お披露目となり、現在サービス提供中です。
※「ISETANオンラインスタイリング」という名称で提供しております。
( http://isetan.mistore.jp/onlinestore/women/stylingmap/index.html )
また伊勢丹新宿本店本館3階クローバーショップの店頭では5月29日(火)まで、Styling Map(R) デジタルスタイリングサービスの無料体験をご案内しております。

*顔分析専用のAIエンジンは、FSA監修のもと、MPSと株式会社クローバーホールディング(本社:東京都渋谷区)が共同で開発したものです。


【Styling Map(R)とは】
スタイリストが感性・感覚・経験にもとづいて行うスタイリングを論理的に見える化したFSAオリジナルのスタイリングのマップです。
マップの図柄は、「Aq:フェミニンなアクアテイスト」、「Br:ガーリーなブライトテイスト」、「Cr:クールなクリスタルテイスト」、「Ea:ナチュラルなアーステイスト」といったスタイリングのテイストを表現しています。
人や物に含まれる特徴をStyling Map(R)に配置することにより、感性を論理的に表現する事ができます。

Styling Map(R)のマップと4つのテイスト
https://www.atpress.ne.jp/releases/155969/img_155969_2.jpg

FSAは、Styling Map(R)を様々なアイテムに適用し、人の特徴とその人に似合うものの関係性を体系化してきました。ファッション・ヘアメイク・ネイルなどの装いの提案だけでなく、インテリア・内装と幅広くライフスタイル提案のまで幅広く応用することができます。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る