• トップ
  • リリース
  • 国際日本学部 2018年度より観光をテーマに新科目を開講〜株式会社MATCHAおよび中野区観光協会と連携〜

プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人明治大学広報課

国際日本学部 2018年度より観光をテーマに新科目を開講〜株式会社MATCHAおよび中野区観光協会と連携〜

(@Press) 2018年03月12日(月)17時00分配信 @Press

明治大学国際日本学部は、地域や社会の課題を自らみつけ、解決策を探る中で、主体的な学びを深める機会を学生に提供するため、2017年度に、中野区、時事通信社、一般財団法人ダイバーシティ研究所と連携した「社会連携科目」を開設しました。

2018年度は、新たに、インバウンド観光をテーマに掲げ、株式会社MATCHAおよび一般社団法人中野区観光協会と連携し、「インバウンド観光の最前線―メディアを中心として」、「観光とまちづくり―中野から世界へ」の2科目を春学期に開講します。
MATCHAは、国際日本学部卒業生(1期生)で、20代後半の青木優氏が代表取締役社長を務め、星野リゾートとの連携などによって、インバウンド観光業界で今、最も注目を集めている企業です。
一方、中野区観光協会は、行政から独立した民間組織として、さまざまなイベントを開催し、区民および来訪者の集客・誘致を行い、観光の振興を通して、魅力的なまちづくりを進めているユニークな団体です。米国ディズニーワールドでのインターンシップ留学で注目を集める国際日本学部が、成長産業として期待が高まるインバウンド観光の発展をリードする人材を育てます。

開講講座
<春学期>
社会連携科目G(MATCHAとの連携)
テーマ:インバウンド観光の最前線―メディアを中心として 講師:青木優(MATCHA代表取締役社長)他
概要:インバウンド事業を営んでいく上での基礎知識を得る機会を提供し、受講生が今後訪日市場で活躍できる人材になることを目指す。

社会連携科目G(中野区観光協会との連携)
テーマ:観光とまちづくり―中野から世界へ 講師:宮島茂明中野区観光協会理事長他
概要:中野のまちづくりに関わる講師とともに、その現状と課題について考え、学生ならではの視点から中野のまちづくりに貢献することを目指す。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る