• トップ
  • リリース
  • 番組まるごとZOZOマリンスタジアムに出張しちゃいます!BS12 トゥエルビ 『ザ・カセットテープ・ミュージック』〜野球×音楽コラボ企画を2週連続放送!〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ワールド・ハイビジョン・チャンネル株式会社

番組まるごとZOZOマリンスタジアムに出張しちゃいます!BS12 トゥエルビ 『ザ・カセットテープ・ミュージック』〜野球×音楽コラボ企画を2週連続放送!〜

(@Press) 2018年03月12日(月)13時00分配信 @Press

全国無料放送のBS12 トゥエルビ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森内譲)は、2018年4月6日(金)および13日(金)の2週にわたり、深夜2時より「ザ・カセットテープ・ミュージック 〜野球×音楽コラボ企画〜」を放送します。

1.番組概要:
「カセットテープ」のリバイバルブームがきている昨今。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/151798/img_151798_4.jpg
昔懐かしのカセットテープから流れる、珠玉の『80年代歌謡曲』を聴きながら、夜な夜なトークを繰り広げていく、夜更かし好きなオトナたちのための音楽トーク番組。
MCは、ミュージシャン・芸人・俳優・コラムニストとマルチに活躍中のマキタスポーツと、気鋭の音楽評論家スージー鈴木。音楽評論界の革命者二人が、『80年代歌謡曲』の素晴らしさを、縦横無尽に語り尽くします。

■番組HP https://www.twellv.co.jp/event/cassettetapemusic/
■番組Twitter https://twitter.com/bs12_cassette

2. 放送内容:
いつものスタジオを飛び出し、番組初のロケを敢行!なんと千葉ロッテマリーンズの本拠地ZOZOマリンスタジアムから「プロ野球」と「80年代音楽」をミックスした特別企画を、2週にわたって放送します。
■前編:
音楽評論家でもあり野球評論家で大の千葉ロッテファンであるスージー鈴木が、野球にちなんだ80年代名曲を選曲。松任谷由実、ユニコーン、浜田省吾など、80年代の懐かしい野球曲が続々登場!
■後編:
マキタスポーツが80年代の名曲を野球のタイトルになぞらえて賞を授与します!「最優秀バッテリー賞」「最優秀アレンジ猛打賞」など、まるでパ・リーグの名選手のようなワザが光る名曲を、勝手に称えていきます。
【出演】マキタスポーツ、スージー鈴木、古橋舞悠

3. 放送スケジュール:
前編 2018年4月6日(金) 深夜2時00分〜2時30分
後編 2018年4月13日(金) 深夜2時00分〜2時30分

4. 出演者情報:
マキタスポーツ
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/151798/img_151798_5.jpg
1970年生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優、コラムニスト。2013年、映画『苦役列車』での演技により、ブルーリボン賞新人賞、東スポ映画大賞新人賞を受賞。本名の槙田雄司名義での著書に『一億総ツッコミ時代』(星海社新書)、『アナーキー・イン・ザ・子供かわいい』(アスペクト)、マキタスポーツ名義の著書に『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』(扶桑社)がある。音楽活動も著しく、自身がリーダーを務めるバンドでアルバム「推定無罪」を発表し、スピードスターレコーズからメジャーデビュー。

スージー鈴木
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/151798/img_151798_6.jpg
音楽評論家。昭和歌謡から最新ヒット曲まで邦楽を中心に幅広い領域で、音楽性と時代性を考察する。
日本の大衆音楽=シティ・ポップが誕生した1984年に発売された楽曲を紹介し、音楽シーンの特殊性と魅力に迫る著書『1984年の歌謡曲』ほか、近著『サザンオールスターズ1978-1985』が好評発売中。

(C)新潮社

■BS12 トゥエルビについて■
三井物産100%出資の24時間全国無料のBS放送局です。スポーツ中継や大人の趣味教養など、上質なエンタテインメント番組を総合編成でお送りしています。視聴方法は、BS+12ボタン、または3桁番号222チャンネルです。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る