• トップ
  • リリース
  • にいがた酒の陣“初”のコラボ商品『にいがた酒の陣 亀田の柿の種』誕生!3月10日(土)・11日(日) にいがた酒の陣会場にて限定販売が決定しました。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

亀田製菓株式会社

にいがた酒の陣“初”のコラボ商品『にいがた酒の陣 亀田の柿の種』誕生!3月10日(土)・11日(日) にいがた酒の陣会場にて限定販売が決定しました。

(@Press) 2018年03月02日(金)11時00分配信 @Press

亀田製菓株式会社(本社:新潟県新潟市、代表取締役社長 COO:佐藤 勇)と新潟県酒造組合(新潟県新潟市、会長:大平俊治)は、コラボレーション商品として『60g にいがた酒の陣 亀田の柿の種』(以下:『にいがた酒の陣 亀田の柿の種』)を、2018年3月10日(土)・11日(日)から「新潟淡麗 にいがた酒の陣」会場にて限定販売いたします。なお、販売は、亀田製菓のサンプリングブースではなく、新潟県酒造組合によるメイン会場内ブースでの販売となります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/151062/img_151062_1.jpg


■ ■「新潟淡麗にいがた酒の陣」とは
2004年に新潟県酒造組合設立50周年を機に「新潟淡麗 にいがた酒の陣」を開催(会場:新潟コンベンションセンター「朱鷺メッセ」)。94の蔵元が参加し、5万人の入場者数となりました。その後、年々規模が拡大。近年は、新潟県外、若者、女性の割合が増加し、2017年には入場者数13万人を超える、新潟県最大のイベントとなっています。
2018年で14回目を迎え、今回も「朱鷺メッセ」にて、3月10日(土)・11日(日)開催予定。新潟県内の約90の酒蔵が500種類以上の日本酒をご用意し、新潟の多彩な地元料理や食材と共に味わうことができる食と酒の一大イベントです。


■ ■『にいがた酒の陣亀田の柿の種』の特長
・原材料の米は新潟県産の酒米100%使用。
・原材料のしょうゆは新潟県の山崎醸造のしょうゆを使用。
・「柿の種」の味わいをお楽しみいただけるようピーナッツは入っていません。
・2018年3月10日(土)・11日(日)開催の「新潟淡麗 にいがた酒の陣」会場のみでの販売。

■ 【商品概要】
商品名:60g にいがた酒の陣 亀田の柿の種
販売日:2018年3月10日(土)・11日(日)
価格(税込):ノンプリントプライス(参考小売価格 200円)
販売場所:「新潟淡麗 にいがた酒の陣」会場
(新潟コンベンションセンター「朱鷺メッセ」メイン会場内ブース)
※亀田製菓サンプリングブースでは販売しておりません。

■ ■2018年も亀田製菓は、にいがた酒の陣にてサンプリングを開催!
「新潟淡麗 にいがた酒の陣」開催と同時に、朱鷺メッセ・エスプラード(2F連絡通路)にて、亀田製菓は新商品のサンプリング(両日で18,000個配布予定)を行います。昨年同様に「ハッピーターン」キャラクターのターン王子と記念撮影ができるスポットもご用意します。
「新潟淡麗 にいがた酒の陣」お越しの際には、亀田製菓ブースにもお立ち寄りください!

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る