• トップ
  • リリース
  • 「gramme Marche2018(グラムマルシェ)」開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

三菱地所株式会社 株式会社寺岡精工 有限会社青空市場 三菱地所プロパティマネジメント株式会社 

「gramme Marche2018(グラムマルシェ)」開催

(@Press) 2018年03月02日(金)13時00分配信 @Press

三菱地所株式会社 は、3月27日(火)〜29日(木)の期間中、“都市における食のあり方”を考える「食育丸の内」プロジェクト※の一環として、株式会社寺岡精工の協力のもと“量り売り”をテーマとした、農産物を販売 するマルシェイベント「gramme Marche2018」を丸ビル1階マルキューブにて開催いたします。

「gramme Marche」は、お客様との会話を大切に、欲しい食材を無駄なく必要な分だけg(グラム)単位で 量って購入できる“量り売り”をテーマに、安心・安全な国産食材を直接販売するイベントです。

今回は、「fresh challenge―あたらしい試み」をテーマに作物本来の持つ美味しさや安全性の高い商品を消費者に届けるためのネットワーク作りやコミュニケーション方法にこだわった販売に挑戦する若手を中心とした12店舗がそろいます。さらに今回の特別企画として、出店店舗のひとつである「農大ハチロク会」(東京農業大学出身、1986年生まれの生産者・加工業者・醸造関係者の集まる団体)メンバーの渡部成実(管理栄養士/モデル)がマルシェで販売している野菜・果物の機能性についてレクチャーするトークイベントを行います。

三菱地所株式会社は、「食育丸の内」プロジェクトとしてこれまでマルシェなどイベントの開催を通じ、延べ約5,000団体を超える生産者(地域)の皆様とのネットワークや交流を築いてまいりました。今後も「食育活動」を通じて、“安心・安全”、“環境”、“都市と地方食の交流”など、食を豊かにするきっかけづくりやライフスタイルを考える機会を提供していきます。

※「食育丸の内」プロジェクトとは <www.shokumaru.jp>
“食”は、生産者、シェフ、そして消費者の意識によって支えられており、健康で楽しい生き方の基礎であるという考え方のもと、数多くの飲食店が 集積する丸の内において、三菱地所が推進する「安心・安全」「東京と地方」「環境共生」など、「都市における食のあり方」に関する問題に正面から取り組むプロジェクト。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/150833/img_150833_2.jpg
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/150833/img_150833_3.jpg

gramme Marche 開催概要
開催日時: 3月27日(火)〜29日(木) 11:00〜19:00
場 所: 丸ビル1階マルキューブ
主 催: 丸の内グラムマルシェ実行委員会
(三菱地所株式会社、株式会社寺岡精工、有限会社青空市場、
三菱地所プロパティマネジメント株式会社)
後 援: フード・アクション・ニッポン推進本部、農林水産省、千代田区 (予定)
<出店店舗 一例>
松前原口吉川商店
北海道最南端の松前町にて、かつて保育所だった建物を製塩工房としてリノベートしながら、薪窯で海水を焚きあげた海水塩を製造。無農薬栽培されたトマトやハーブを採集乾燥・製粉したものを海水塩と調合し、化学調味料・食品添加物を使用しないシーズニングソルトなどを販売予定。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/150833/img_150833_4.jpg


佐京園
静岡県島田市の、金谷という地区で、茶の製造、加工、販売までをやっているお茶農家。全ての商品、自園の畑で採れた茶葉だけを使用。更には自社工場で製造、袋詰め、販売までを家族だけで行っている。簡単に誰が淹れてもおいしいお茶をリーズナブルに提供。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/150833/img_150833_5.jpg

KATO NOEN
浜松市の三方原台地で年間120種類以上の野菜・ハーブをそれぞれ適した季節に無農薬で栽培。化学肥料・除草剤等を一切使用せず、馬糞・牛糞(ワラ・放線菌)・海藻(浜名湖産)といった有機物・菌を土・野菜の状況を見ながら加え、微生物の多い土で野菜を栽培している。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/150833/img_150833_6.jpg

農大ハチロク会
東京農業大学出身、1986年生まれの生産者・加工業者・醸造関係者の集まる団体。日本全国の農産物から、それぞれの栄養・機能性を重視した商品を取り揃え、健康とダイエットをテーマに「楽しく美しく健やかでいる秘訣」を会の代表がお話ししながら販売。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/150833/img_150833_7.jpg

◆「グラムコンテスト」
“量り売り”のスタイルをより身近に感じていただくための参加型キャンペーン。出店店舗で1,000円(税込)以上お買い上げのお客様を対象に、キャンディーをはかりに載せ、123gちょうどを量ることができた方に「ジャストグラム賞」として「日本の御馳走えん」オリジナル商品をプレゼント。また目方がプラスマイナス5g差の方には「ニアピン賞」として、123gを目指して量ったキャンディーなどのお菓子をプレゼントします。
※グラムマルシェ出店店舗にて1,000円(税込)以上をお買い上げのお客様が対象です。
※複数店舗での合算可能です。
※お一人様一日一回限りで、当日お買い上げ当日のレシートのみ有効です。

◆「お花のプレゼント」
マルシェ各所を新丸ビル1階les mille feuilles de liberteによるフラワーアレンジメントで彩ったフレッシュな色合いのお花をお楽しみいただけます。また最終日の3月29日(木)17:30より、使用したお花をプレゼントします。
※グラムマルシェの出店店舗内にて当日お買い上げレシートをお持ちのお客様先着順となります。
※お花の数には限りがあります。なくなり次第終了とさせていただきます。

◆「食と健康サポート-野菜の機能性レクチャー」トークイベント
<3月27日(火)、28日(水)17:30〜18:00>
出店店舗のひとつである「農大ハチロク会」メンバーの渡部成実(管理栄養士/モデル)による、マルシェで販売している野菜・果物の機能性についてレクチャーするトークイベントを行います。丸の内ワーカーに相乗する栄養効果、モデルが実践している食事やダイエット実践術など、こころも体も全身きれいで元気でいられる最先端情報までお伝えします。
※どなたでもご参加いただけます。

≪参考情報≫
株式会社寺岡精工
寺岡精工は、世界初、業界初の製品を数多く世に送り出しながら、新しい常識を創造してきました。4つのビジネスフィールドである【流通小売分野】、【食品製造・加工分野】、【製造・物流分野】、【飲食・専門店分野】、そしてこれらを支える【サポートサービスとクラウドサービス】で、お客様のビジネスをバックアップしています。丸の内で開催される「はかり」を使った「グラムマルシェ」では寺岡精工の最新の「はかり」が生産者さんとお客様とのコミュニケーションをサポートしています。

有限会社青空市場
俳優:永島敏行氏を実行委員長として、2005年2月に設立。都市に生産者と消費者が直接交流する場を作ることを目指し、様々な場所にてマルシェを開催。2011年より東京駅前 行幸地下通路にて、毎週金曜日に「丸の内 行幸マルシェ×青空市場」を開催中。本イベントでは、マルシェを企画運営します。


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る