• トップ
  • リリース
  • 〜バカルディ レガシー カクテル コンペティション 2018日本大会〜阿部 央氏が日本代表に決定

プレスリリース

バカルディジャパン株式会社

〜バカルディ レガシー カクテル コンペティション 2018日本大会〜阿部 央氏が日本代表に決定

(@Press) 2018年02月23日(金)17時30分配信 @Press

バカルディ ジャパン(代表取締役社長 前田章子)が輸入し、サッポロビール株式会社(代表取締役社長 高島英也)が販売する世界No.1*ラム、バカルディは、世界で最も権威のある大会のひとつ「バカルディレガシー カクテル コンペティション2018」の日本大会ファイナルを2月22日(木)恵比寿アクトスクエアにて開催しました。
* 2016年1〜12月販売量・金額において(IWSR調べ)

日本では3回目となる2018年大会は、セミファイナルを勝ち抜いた5名によるカクテルパフォーマンスの結果、「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 SkyGallery Lounge Levita」の阿部央氏が日本代表に決定しました。阿部 央氏のコメント「今回で3度目の挑戦になりました。その間、たくさんの方々に支えていただき優勝する事が叶いました。 三年間の思いと皆様の思いを胸にメキシコへ向けて更に精進致します。」

審査員には、パフォーマンス審査に、一般社団法人 日本バーテンダー協会 技術研究局長 水澤泰彦氏、一般社団法人 日本ホテルバーメンズ協会会長 小森谷弘氏、特定非営利活動法人 プロフェッショナル・バーテンダーズ機構チェアマン 北村 聡氏、BLCC2016世界大会優勝者のGNChan氏、Talesof the cocktail 2017 “American Bartender of the year” Ezra Star氏、プロモーション審査に、クリエイティブディレクター/アートディレクターの秋山具義氏、GNChan氏参加しました。
「バカルディ レガシー カクテルコンペティション」は世界中のトップバーテンダーが集い、モヒート、キューバリブレに続く、次世代の定番となるレガシーカクテルを見つけ出すことを目的とした世界でも最も権威ある大会の1つとして数えられるコンペティションです。今回、日本代表に選ばれた阿部央氏は、2018年4月28日〜5月2日、メキシコ・メキシコシティで開催される「バカルディレガシー カクテル コンペティション 2018」世界大会に出場します。

「バカルディレガシー カクテル コンペティション 2018」
日本代表 阿部央(あべ あきら)創作(TALES OF 8)
日本最初の和歌にも八が多用されるなど、日本にも馴染み深い8。バカルディの創業者ドン・ファクンドがバカルディ8へ込めた想いにかけてバカルディ8をベースに作成。
レシピ: バカルディ8 50ml
マルティーニ アスティ スプマンテ 40ml
エスプレッソ 30ml
黒糖 15ml
ミント 8枚
店舗情報:ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 SkyGallery Lounge Levita

大会詳細については(https://www.facebook.com/bacardilegacyjapan/)・(https://youtu.be/eaWJvPeWQCM)をご参照下さい。

【バカルディ ラム】
コウモリのマークをロゴに使用したスピリッツ、バカルディはバーテンダーから絶大な信頼を得ている世界No.1ラムです。19世紀後半の創立以来、そのスムーズなフレバーが愛されモヒート、キューバリブレ、ダイキリなど様々なトロピカルカクテルの誕生に寄与してきました。品質にこだわるバカルディラムは、
現在では世界中でラムのスタンダードとなっています。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る