• トップ
  • リリース
  • LIFULL HOME'S、AndroidアプリにAIによる賃貸物件の提案機能を追加

プレスリリース

  • 記事画像1

LIFULL HOME'S、AndroidアプリにAIによる賃貸物件の提案機能を追加

(@Press) 2018年02月22日(木)16時30分配信 @Press

総掲載物件数No.1の不動産情報サイト「LIFULLHOME'S」等の住生活情報サービスを提供する株式会社LIFULL(ライフル)(旧社名:株式会社ネクスト、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、このほど「LIFULL HOME'S」のAndroidアプリにAIによる賃貸物件の提案機能を追加いたしました。新機能によりアプリがユーザーの好みを学習し、使えば使うほど希望の物件が見つかりやすくなります。

LIFULL HOME'S Androidアプリ
URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.homes.android3
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/150395/img_150395_1.png

■AIによる賃貸物件の提案機能の概要
AIによる賃貸物件の提案機能は、ユーザーが閲覧した物件の情報をもとに、AIや関連技術を活用しながら、一人ひとりにあった物件を提案するものです。ユーザーは特別な操作をしなくても、気になる物件をチェックしていくだけでアプリが学習し、好みに合いそうな物件を提案してくれるので、よりスムーズに希望の物件と出会えるようになります。
住宅は、日用品などと比較すると選択の回数が圧倒的に少なく、多くの方が豊富とは言えない経験の中から自分なりに条件を決めて探さなければなりません。こうした現状をふまえ、新機能ではAI等の最新技術により、意識していない好みなども含めた探し方を可能としました。
AIによる賃貸物件の提案機能は、まずAndroidアプリの賃貸物件から提供を開始し、今後は他の種別の物件やiOSアプリなどにも展開していく予定です。


■「LIFULL HOME'S」アプリとは
2009年12月に国内業界初の住まい探し専用アプリとして、iPhoneアプリをリリースいたしました。その後、Android、iPad、Windows8、Android Wear、Apple Watch、Apple TVなど幅広いデバイスに対応し、各デバイスの特性に応じた機能や操作で、使いやすさ・探しやすさを追求しています。2017年5月には、累計500万ダウンロードを突破いたしました。
iPhone、iPadアプリでは、物件見学時に写真やコメントで物件の特徴を記録できる「見学メモ」や、iPhone、iPad、Androidアプリでは、住み替えの検討開始から住み替え完了までのタスクがひと目でわかる「やることリスト」を搭載するなど、物件の検索だけでなく、住み替え全般をサポートしています。

タイトル:Android アプリ 「LIFULL HOME'S」
提供場所:Google Play
カテゴリ:住まい&インテリア
URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.homes.android3

※「Android」「Google Play」は Google Inc.の商標または登録商標です。



LIFULLグループは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、より多くのみなさまの暮らしを安心と喜びで満たす、住生活情報サービスを提供してまいります。


■株式会社LIFULLについて (旧社名:株式会社ネクスト、東証第一部:2120、URL:LIFULL.com/)
株式会社LIFULL(ライフル)は、「不動産業界の仕組みを変えたい」という信念のもと、1997年に設立した住生活情報サービス運営企業です。主要サービスの不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」は総掲載物件数No.1(※)。住まいを中心に介護、インテリア、保険など周辺分野にも事業を拡大し、現在は『LIFULL HOME'S』のグローバル展開、世界最大級のアグリゲーションサイト「Trovit」の運営等、世界57ヶ国でサービス提供しています。
LIFULLグループは、「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、世界中のすべての人に、安心と喜びのライフソリューションを提供します。
※産経メディックス調査(2018.1.30)

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る