• トップ
  • リリース
  • 第12回司法書士人権フォーラムを3月10日(土)開催 高齢者にやさしい地域づくりを考察、@四ツ谷・日司連ホール

プレスリリース

日本司法書士会連合会

第12回司法書士人権フォーラムを3月10日(土)開催 高齢者にやさしい地域づくりを考察、@四ツ谷・日司連ホール

(@Press) 2018年02月28日(水)10時00分配信 @Press

日本司法書士会連合会(所在地:東京都新宿区、会長:今川 嘉典)は、2018年3月10日(土)に四ツ谷・日司連ホールにて、第12回 司法書士人権フォーラム「高齢者にやさしい地域づくりを考える〜すべての国民が共生できる社会の実現を目指して〜」を開催いたします。
高齢者を含めたすべての国民が安心・安全に共生できる社会を実現するためには、いかなる施策が必要となり、また、その施策に司法書士がいかなる形で関与することができるのかについて模索し、今後の展望を考察します。


【開催概要】
日時 :2018年3月10日(土)13:00〜17:05(12:30開場)
会場 :司法書士会館地下1階「日司連ホール」(東京都新宿区四谷本塩町4番37号)
定員 :180名
対象 :どなたでもご参加いただけます
参加費:無料
主催 :日本司法書士会連合会
後援 :内閣府、法務省、厚生労働省、東京都、新宿区、日本弁護士連合会、
日本司法支援センター、公益社団法人日本社会福祉士会、
公益社団法人日本介護福祉士会、
公益社団法人日本精神保健福祉士協会、
公益社団法人認知症の人と家族の会、
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート


【プログラム及び登壇者(予定・敬称略)】
<第1部>
・基調講演(1)
「高齢者等にやさしい街づくりのための地方行政の実際の取り組みについて」(60分)
◆登壇者:松端 克文(桃山学院大学教授)

・基調講演(2)
「認知症の人と車の運転について」(60分)
◆登壇者:大野 教子(公益社団法人認知症の人と家族の会 東京都支部代表)

<第2部 パネルディスカッション>
「誰もが住みやすい地域づくりと司法書士の役割」(100分)
◆パネリスト
松端 克文(桃山学院大学教授)
大野 教子(公益社団法人認知症の人と家族の会 東京都支部代表)
板垣 淑子(NHK名古屋放送局 報道部(報道番組)チーフ・プロデューサー)
小澤 吉徳(日本司法書士会連合会副会長)
◆コーディネーター
石田 頼義(日司連市民の権利擁護推進室 高齢者の権利擁護部会副部会長)


【申込方法】
会場準備の都合上、下記ページより参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、連合会事務局あてFAX(03-3359-4175)にてお申込みをお願いします。定員を超える申込みがあった場合に限り、申込受付後1週間以内にお断りの連絡をいたします。
車いすを使用される方、手話通訳を要する方等は対応いたしますので、その旨をあらかじめご連絡ください。
https://www.atpress.ne.jp/releases/149916/att_149916_1.pdf


【組織概要】
団体名: 日本司法書士会連合会
代表者: 会長 今川 嘉典
所在地: 〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4-37 司法書士会館
創立 : 1927年11月
会員数: 司法書士 22,464名/司法書士法人 660法人(2018年2月1日現在)
URL : http://www.shiho-shoshi.or.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る