• トップ
  • リリース
  • 日本唯一のマスター・オブ・ワインとギリシャのワイナリーが参加 ギリシャワインや食文化を楽しむイベントを5月21日に銀座で開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社モトックス

日本唯一のマスター・オブ・ワインとギリシャのワイナリーが参加 ギリシャワインや食文化を楽しむイベントを5月21日に銀座で開催

(@Press) 2018年02月19日(月)15時00分配信 @Press

株式会社モトックス(本社:大阪府東大阪市、代表取締役:寺西 太一)は、ギリシャのワインや食文化を楽しむイベント『Meet the Wine Maker 2018 by MOTTOX 〜ギリシャパーティー〜』を、2018年5月21日(月)に東京・銀座において開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/149729/LL_img_149729_1.jpg
ワインパーティ イメージ1

本イベントは「ワイン文化の向上、日本の食文化発展へ貢献すること」を目的に、ワインの生産者とともにワインと料理のペアリングを楽しんでいただくイベントです。
今回は国内外のトップソムリエが注目しているワイン生産国「ギリシャ」より、2社のワイナリーが来日します。また、ワインでは世界の最難関の資格として知られ、日本在住ではたった1人しかいない「マスター・オブ・ワイン」の資格者である大橋 健一氏もスペシャルゲストとしてご参加いただけます。
人気のギリシャ料理専門レストラン「THE APOLLO(アポロ)」のギリシャ料理と、15種類以上のギリシャワインとのペアリングをお楽しみいただけます。


■Meet the Wine Maker 2018 by MOTTOX 〜ギリシャパーティー〜
生産者とツナガル、食とワインを楽しむワインパーティー!
話題のギリシャレストランで、世界のトップソムリエも注目するギリシャワインと料理をワインの生産者とともにご堪能いただけます。

イベント名: Meet the Wine Maker 2018 by MOTTOX 〜ギリシャパーティー〜
(ミート・ザ・ワインメーカー ギリシャパーティー)
※立食+試飲会スタイルとなります。
開催日時 : 2018年5月21日(月)19:00〜21:00(開場18:45)
会場 : THE APOLLO(アポロ)
東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座11F
http://theapollo.jp/
料金 : 7,500円(税込)
定員 : 先着110名様限定(当日券なし)
主催 : 株式会社モトックス
詳細URL : https://mot-wine.mottox.co.jp/event/party/index.html


■大橋 健一(おおはし けんいち)氏
栃木県宇都宮市を拠点とする酒類専門店である株式会社山仁の経営者として、自らがセレクトした酒類を日本のみならず世界中に広く販売すると同時に、自らのコンサルタント会社となる株式会社レッド・ブリッジをベースに国内外のワインと日本酒の業界で活躍。2015年には日本在住の日本人で初めてマスター・オブ・ワイン協会(IMW)認定のマスター・オブ・ワインとなる。
数々の世界的なワイン・コンクールの審査員も務めており、インターナショナル・ワイン・チャレンジ・ロンドンでは上級審査員、同チャレンジの日本酒部門(世界最大の日本酒コンクール)の最高責任者なども務め、更には酒サムライ協会のオフィシャル日本酒講師として、グローバルな日本酒のプロモーションに貢献を続けている。
2016年にはインターナショナル・ワイン・チャレンジ・ロンドンの場において、パーソナリティー・オブ・ザ・イヤー2016を受賞。ワインと日本酒、双方のシーンに深く精通したスペシャリストである。


■マスター・オブ・ワイン(MW)とは
英国に拠点を置くマスター・オブ・ワイン協会が認定する、ワイン業界において最も名声が高く、最も難易度の高い資格です。
同協会は既に60年以上の歴史を誇り、有資格者はワイン生産者、ワイン流通関係者、ソムリエ、ワイン・ジャーナリスト、ワイン・ライター等、実に多種多様ではありますが、その数は全世界でも僅かに368名しかおりません。マスター・オブ・ワインになるということは、世界における最高のワイン・コミュニティーの中に帰属することを意味しています。
この資格の合格者は氏名の後ろに、国際的に商標権を有した、マスター・オブ・ワインを意味するアルファベット“ MW ”を付けることを許されます。
日本人として、このワイン業界の最難関マスター・オブ・ワインに合格した人は世界中にたった2人で、日本在住の日本人マスター・オブ・ワインは大橋 健一 MW1人となります。


■THE APOLLO(アポロ)について
オーストラリア・シドニー発の、モダンギリシャレストラン「THE APOLLO(アポロ)」。
新鮮な野菜や魚介類、オリーブオイルをたっぷり使ったヘルシーなギリシャ料理は、世界無形文化遺産に登録されており、世界中で人気を博しています。
THE APOLLOでは、そのギリシャ料理をモダンにアレンジ、ハリウッドスターやモデルたちをはじめシドニーの人々を虜にしてきました。満を持して2016年に日本に上陸した日本の店舗では、炭火焼も登場します。
http://theapollo.jp/


■ワイナリー:キリ・ヤーニ(ギリシャ)
名門ブタリス家4代目の当主、ヤーニス・ブタリス氏が1997年に設立したワイナリーです。ギリシャを代表する黒ブドウ品種「クシノマヴロ」の銘醸地として名高い北ギリシャ、ヴェルミオン山の山腹の両斜面にて、地元に昔から根付くブドウ品種と伝統を大切に守りつつも、最先端の醸造技術を取り入れたワイン造りを行っています。ジャンシス・ロビンソン氏や大橋 健一氏などの世界のマスター・オブ・ワインをも魅了するワイナリーとして、高く評価されています。
https://mot-wine.mottox.co.jp/winery/publish/html/1619.html


■ワイナリー:ドメーヌ・シガラス(ギリシャ)
醸造家であるパリス・シガラス氏によって、ギリシャ・サントリーニ島北部に1991年に設立されました。当時甘口ワインが主流であったサントリーニ島において、いち早く辛口ワインを生み出した造り手でもあります。今日ではサントリーニ島の固有品種から卓越したワインを生み出し、世界各地のワインコンクールで高い評価を獲得しています。ニューヨークやロンドン、シンガポールなど世界のワイン産業をリードする国々の著名なレストランやホテルで、ギリシャ最高峰の白ワインとしてシガラス社のアシルティコが提供され、サントリーニ島を代表するワイナリーとして広く知られています。
https://mot-wine.mottox.co.jp/winery/publish/html/1678.html


■株式会社モトックスについて
株式会社モトックス(本社:大阪府東大阪市、代表取締役:寺西 太一)は、2015年に創業100年を迎えた酒類専門商社です。“Value & Quality”というコンセプトを掲げ、世界各地の生産者の歴史や想い、産地の特性や文化が詰まっている選りすぐりの商品を取り扱っています。世界22カ国のワインや食品、国内では全国の素晴らしい蔵元さんの日本酒・焼酎・泡盛といった和酒を適正価格でお客様へお届けし、日本の食文化向上を目指しています。

所在地 : 〒577-0802 大阪府東大阪市小阪本町1丁目6番20号
代表者 : 代表取締役 寺西 太一
公式ホームページ: http://www.mottox.co.jp

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る