• トップ
  • リリース
  • ゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれました♪大切に赤ちゃんを育てています

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

ゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれました♪大切に赤ちゃんを育てています

(@Press) 2018年02月01日(木)09時45分配信 @Press

大阪市港区の海遊館では、平成30年1月27日(土)の午後10時17分、「モンタレー湾」水槽でゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれました。母子ともに健康状態は良好で、出生後まもなく母親からの授乳行動を確認することができました。
海遊館におけるゴマフアザラシの赤ちゃん誕生は、平成26年3月に続き8例目です。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/148711/img_148711_1.jpg

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/148711/img_148711_2.jpg

今回、出産したゴマフアザラシの愛称は「ダイヤ」(推定14歳)で、出産は今回が2回目です。
出生時の体重は7.98kgで、性別は未確認です。一般にゴマフアザラシの赤ちゃんの成長速度は非常に早く、母親の乳をよく飲み、多い日には一日あたり、1kg以上も体重が増加します。生後2週間から3週間で白色の体毛からゴマ模様に生え換わります。一般公開している「モンタレー湾」水槽で、赤ちゃんのかわいらしい姿をご覧いただき、生命の誕生や命のかけがえのなさについて、お伝えできればと考えています。

1.【今回生まれたゴマフアザラシの赤ちゃんについて】
誕生日時 平成30年1月27日(土)午後10時17分
体重 7.98kg(出生時)
性 別 未確認
母 親 ダイヤ (推定14才、父親は不明)

2.【海遊館におけるゴマフアザラシの出産状況】
1例目 平成 6年 2月 28日 出産
2例目 平成 6年 3月 13日 出産(平成20年5月に死亡)
3例目 平成 7年 3月 8日 出産
4例目 平成14年 2月 4日 出産
5例目 平成24年 3月 1日 出産
6例目 平成25年 3月 24日 出産
7例目 平成26年 3月 4日 出産(平成26年12月に死亡)
8例目 平成30年 1月 27日 出産(今回)

3.【海遊館で飼育しているゴマフアザラシ】(今回生まれた赤ちゃんを除く)
愛称 性別 年齢
ネロ オス 31才推定
チチ オス 23才(平成6年2月28日、海遊館生まれ)
パール オス 22才(平成7年3月8日、海遊館生まれ)
ナナ メス 15才(平成14年2月4日、海遊館生まれ)
ダイヤ メス 14才推定
ショウ メス 14才推定
ラピス メス 5才(平成24年3月1日、海遊館生まれ)
美桜 メス 5才
シゲノブ オス 5才推定

4.【取材にあたってのお願い】
撮影にあたっては、赤ちゃんの健康管理のため、飼育施設(バックヤード)に入っていただける人数や照明ならびにストロボの使用等を制限させていただく場合があります。ご了承ください。
尚、撮影等を希望される場合は、事前にご来館日時を広報チームまでご連絡ください。
海遊館 広報チーム(06-6576-5529)

5.【ゴマフアザラシ 英名Spotted seal 学名Phoca largha】
アザラシ科。北太平洋のベーリング海からオホーツク海などに分布する。体色は明灰色で、背側は黒っぽく、黒色の小斑点が多数点在することからこの名がある。魚類、イカ、タコ、貝類などを食べる。出産期は2月中旬から4月で、流氷帯の辺縁部や、沿岸に近い氷上で出産する。授乳期間は約2〜3週間で、この時期は白色の新生児毛に覆われている。

6.【「モンタレー湾」展示水槽について】
水槽容量1,050トン、深さ約8メートル、水温18度、展示面積250平方メートル。
アメリカ合衆国カリフォルニア沿岸の岩場を再現した水槽で、現在、6頭のカリフォルニアアシカと9頭のゴマフアザラシを展示しています。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/148711/img_148711_3.jpg



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る