• トップ
  • リリース
  • シンガポールのベンチャー企業YeeCall 研究室YeeLabを設立、AIやブロックチェーン技術研究に着手

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

YeeCall Online Pte Ltd.

シンガポールのベンチャー企業YeeCall 研究室YeeLabを設立、AIやブロックチェーン技術研究に着手

(@Press) 2018年01月24日(水)10時30分配信 @Press

シンガポールのベンチャー企業YeeCallが最先端技術研究室YeeLabを正式に設立したことをお知らせいたします。人工知能(AI)、ブロックチェーン(BlockChain)などの技術の通信、社交シーンでの実用化を重点に研究することになります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/147906/LL_img_147906_1.png
YeeCall ロゴ1
■YeeCall張磊CEOの言葉
「現在すでにYeeLab所属のブロックチェーン研究チームの運営が始まっています。我々はYeeCallのユーザーのニーズとブロックチェーン技術のアドバンテージを結び付け、研究成果を実際のブロックチェーン運用に変えて、ブロックチェーン技術を『一帯一路』の多くの家庭に届けるます。」というYeeCall張磊CEOは、ブロックチェーン技術のアドバンテージとYeeCallの「一帯一路」上のコミュニティ基盤を頼みに、一帯一路の通信インフラ、国境を跨ぐ資源移動構成などの有利なマクロの背景のもとで探求を行うと語っています。


■情報通信システムの発達
微信(WeChat)の成功に伴って、経済価値を通信システム中に同化する新しいモバイル経済の時代が来ているのだと業界の専門家は指摘します。チャット、SNS、オンライン決済といったデジタルサービスはすでに日常生活の中で重要な働きを見せ始めています。情報システムが人々の関係のネットワーク、日常のコミュニケーション及び情報の取得を載せており、中国でのモバイル決済の急激な発展は、すでにサービスや商品の入手と取引をチャットのような便利さに変えています。WeChatなどの情報通信システムが商品の取引、オフラインでのサービス、さらには資産管理や保険などの金融サービスを集積し、日に日に現代社会の重要なインフラとなっているのです。


■情報システムが社会のインフラとなるための要素
YeeLabは、WeChatなどの情報通信システムが社会のインフラとなるために重要な影響を持つ要素は三つあると考えています。巨大なユーザーの基礎、知人ベースの信用できる関係のネットワーク、及びスムーズなオンライン決済ソリューションです。しかし、一旦WeChatのシステムがダウンすると人々の生活が受ける影響も巨大なため、マイナス面も考慮しなければなりません。

説明によると、YeeCallはブロックチェーンなどのディセントラリゼーション、便利な汎用技術の発展トレンドに密接な関心を寄せ続けています。ブロックチェーンに基づくネットワークはオープンソースモデルを提供して、デジタルエコシステムを盛んに発展させます。大規模コミュニティはこうしたネットワークを中心に、カスタマイズされたデジタル経済の発展を奨励しています。こうしたエコシステムでは、消費者が友人や家族と連絡でき、またクリエイターや開発企業の提供する商品やサービスへの発注もしやすいため、クリエイターや開発企業にとっての経済的インセンティブとなり、より多くのすばらしい製品が作られます。
同時に、このシステムもディセントラリゼーションであるため、経済価値と管理がネットワークの利害関係者の間に分布し、単一の中央集権的な機関に集中するのではないことも、大規模ネットワークの安定性とプライバシー保護に対する心配をある程度は防止できている要素だと考えられます。


■YeeCallの展望
YeeCallは2015年に設立され、現在の累計登録ユーザーは3,000万を上回っており、主に東南アジア、中東、インドなどで展開されています。独特な技術の優位とユーザー規模を強みに、YeeCallは連続して真格基金(ZhenFund)、創新工場(Sinovation Ventures)、毅達資本(ADDOR)などの投資を獲得しています。

調査によると、3年の急速な発展により同社は大量の忠実なユーザーと技術のストックを収穫し、またこの間にAI、ブロックチェーンといった最前線技術がYeeCallの視野に入りました。創業から3年の経験を基礎に、YeeCallは最先端技術研究室YeeLabの設立を決め、AI、ブロックチェーンの関連技術と応用の研究に着手しました。そして真っ先に始めたのがブロックチェーンの関連の研究であり、YeeLabにブロックチェーン研究グループを設け、ブロックチェーン技術をYeeCallの既存ユーザー群に応用して「一帯一路」通信のインフラの決済体系を強化し、それによって移民や労働者を対象とするエコシステムを構築しようと考えています。


■各社の商標または登録商標
「WeChat」及び「微信」は、Tencent Inc.の商標または登録商標です。
「YeeCall」は、YeeCall Online Pte Ltd.の商標または登録商標です。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る