• トップ
  • リリース
  • そごう・西武のバレンタイン2018 フランスで人気のシェフが作るチョコを販売!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社そごう・西武

そごう・西武のバレンタイン2018 フランスで人気のシェフが作るチョコを販売!

(@Press) 2018年01月05日(金)11時00分配信 @Press

そごう・西武では、2018年1月19日(金)より全店でバレンタインプロモーションがスタートいたします。パリで活躍するフードジャーナリスト、ラファエル・マルシャルが出会った、今フランスで人気のあるシェフが作るチョコレートが一同に楽しめる「LE CHOCOLAT A LA FOLIE(ショコ・フォリ)〜ショコラに夢中〜」をそごう・西武全17店舗と、西武そごうのショッピングサイト「e.デパート」にて開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/146592/LL_img_146592_1.jpg
ラファエル・マルシャル

現在、チョコレートの市場は世界中で盛り上がりを見せており、近年では、カカオ含有率や産地にこだわったチョコレートに注目が集まるようになりました。一方パリでは、チョコレートは子どものころに食べる朝食や、おやつのチョコレートのサンドイッチ、カフェのお供になるミニタブレットなど、昔から日常にたくさんのチョコレートが溢れていました。
そんなパリで活躍するフードジャーナリスト、ラファエル・マルシャルが、パリのライフスタイルの本質に戻り、自分にとって本当に美味しいチョコレート、自分を心から癒してくれる、幸せにしてくれる、そんな日常の中にあるチョコレートとの本来の触れ合い方を伝えるためにラファエル本人が出会った、今フランスで人気のあるシェフを紹介いたします。自分自身が本当に好きな味わいを求め、本質に戻ってチョコレートを作っている、ラファエルが今、夢中になっているシェフたちです。
“ショコラに夢中”を意味する今回のテーマ、「LE CHOCOLAT A LA FOLIE(ショコ・フォリ)」では、そんなパリジェンヌの日常の中にある、「幸せになる」ためのチョコレートストーリーを日本の女性たちにお届けいたします。


■ラファエル・マルシャルのプロフィール
今、パリで注目されているフードジャーナリスト。ミシュランガイドのウエブマガジンなど経て、パティスリー雑誌『フー・ド・パティスリー』の編集にも関わる。2016年には、初の著書でフランス全土のパティシエのレシピを紹介した『A LA FOLIE』を出版。実際にレストランのパティスリーで働いた経験もあり、パティシエからの信頼も厚い。パリ・モンマルトル在住のパリジェンヌ。


■ブランドと商品のご紹介
※本リリースの掲載画像はイメージ、全て税込価格です。

【ラ・ショコラトリー シリル・リニャック】
2004年、料理番組「ウィ・シェフ」の司会者をつとめ、今のフランスを代表する国民的なスターシェフに。ミシュラン一つ星のガストロノミーレストラン「ル・キャンジエーム」を本拠地とし、ビストロ、ブーランジェリー、パティスリーカフェも運営。和食からインスピレーションを得た店も展開する。チョコレート専門店「ラ・ショコラトリー シリル・リニャック」は2016年にオープン。

ミルクのボンボンチョコレート キャラメルとマシュマロ/3,996円
https://www.atpress.ne.jp/releases/146592/img_146592_3.png

【ジル・マルシャル】
1966年ロレーヌ地方生まれ。「オテル・ド・クリヨン」などを経て、1993年ホテル「プラザ・アテネ」のシェフ・パティシエに就任。のち1999年、エリック・フレション料理長下のホテル「ル・ブリストル」のシェフ・パティシエに抜擢される。2007年「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のクリエイティブディレクターに就任、2012年まで務め上げる。2014年にパリ18区に自身の店の開業を果たす。クリストフ・フェルデールなどとともに、現在あるパティシエの一世代をつくりあげた本物の職人の一人。

ブラックとミルクチョコレート味のクロコリーヌ/5,400円
https://www.atpress.ne.jp/releases/146592/img_146592_5.png
https://www.atpress.ne.jp/releases/146592/img_146592_6.png

【ローラン・デュシェーヌ ラ・パティスリー・ドゥ・キョウコ】
「ミエ」や「ペルティエ」などでの経験後、ミシュラン二つ星、英オックスフォード「ル・マノワール・オ・キャット・セゾン」のシェフ・パティシエに。1991年より「ル・コルドン・ブルー」の教師を務め、1993年MOF(フランス国家優秀職人章)取得。2001年、パリ13区に奥様の京子さんとともに自分の店を構え、現在はコンヴォンション通りの店と2軒を切り盛りする。

ブランディーユ ブラックチョコレート味/2,501円
https://www.atpress.ne.jp/releases/146592/img_146592_8.png
https://www.atpress.ne.jp/releases/146592/img_146592_9.png

【アスナ】
モデルから転身し、ショコラティエの学校を卒業後、2014年にボルドーでショコラトリーを開業したアスナ・フェレイラ。自身の店舗を持ったあとでも積極的に5人のMOFショコラティエの下で修業を重ね、その後もパリのサロン・デュ・ショコラのJeune Espoirなどを多数受賞。使用するカカオは自らが畑を訪れ、誰がどこの畑で栽培したのかまで念入りに選別し、カカオの焙炒方法や挽き方までにこだわりを持つ。

アキテーヌ/2,538円
https://www.atpress.ne.jp/releases/146592/img_146592_11.png
https://www.atpress.ne.jp/releases/146592/img_146592_12.png

【ベロ&アンジェリ】
料理とパティスリーの世界からショコラに魅せられ転身したショコラティエのセバスチャン・ベロ氏と、大手企業で経営コンサルタントを務めていた従兄のダヴィド・アンジェリ氏が2013年にフランスのトゥールーズにて立ち上げたブランド。カカオ豆の繊細なテイストを活かし選別しつつ、エキゾチックな素材やスパイスなどにこだわり、チョコレートのおいしさのなかに常に新しい「発見」のある味が魅力。

イディリーデテ/2,538円
https://www.atpress.ne.jp/releases/146592/img_146592_14.png
https://www.atpress.ne.jp/releases/146592/img_146592_15.png

【アレクサンドル・スターン】
幼少期に祖父母の家があったアルザス地方で親しんだモミの木から採れた蜂蜜に鮮烈な印象を感じて以来、蜂蜜に魅了され世界各地を巡るようになる。「蜂蜜の個性を最大限に引き出し調合すれば最高のクリエーションになる」とひらめく。単に食べるだけでなく、素材としての付加価値を高めたクリエーションはパリでも注目のハニーブレンダー。

ハニーポエトリー/2,160円
https://www.atpress.ne.jp/releases/146592/img_146592_17.png
https://www.atpress.ne.jp/releases/146592/img_146592_18.png


■LE CHOCOLAT A LA FOLIE(ショコ・フォリ)〜ショコラに夢中〜概要
販売期間:2018年1月19日(金)〜2月14日(水)
販売店舗:そごう・西武全17店舗と
西武そごうのショッピングサイト「e.デパート」
※そごう神戸店・西武高槻店では取り扱いがございません。
バレンタイン特設サイトURL
http://edepart.omni7.jp/brand/chocolatep
※e.デパートでは、バレンタイン特設サイトにて
2018年1月5日(金)〜2月6日(火)の販売。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る