• トップ
  • リリース
  • 最新 macOS High Sierraに対応した!MacとWindowsの両方で利用できるセキュリティUSBメモリ≪フィンガーセブン・マイスター Mac&Win版≫発表!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

オリエントコンピュータ株式会社

最新 macOS High Sierraに対応した!MacとWindowsの両方で利用できるセキュリティUSBメモリ≪フィンガーセブン・マイスター Mac&Win版≫発表!

(@Press) 2017年12月18日(月)09時00分配信 @Press

ソフト・ハードウエアセキュリティ製品、PCセキュリティ管理システムの開発メーカーであるオリエントコンピュータ株式会社は、デザイン会社や設計会社などクリエイティブな業種を始め、金融機関や医療関係などからの要望も多かった、ハードウエア自動暗号化機能付き指紋認証セキュリティUSBメモリの「フィンガーセブン」をWindowsだけでなく、Macでも併用利用できるように開発した『フィンガーセブン・マイスター Mac&Win版』を発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/145708/LL_img_145708_1.jpg
フィンガーセブン・マイスター Mac&Win版

MacではID/パスワードのセキュリティUSBとしてのご利用となり、指紋認証はWindowsのみでの利用となりますが、Macでは、ハードウエア暗号化だけでなく、Mac専用のソフトウエア暗号化セキュリティドライブ領域を利用することで、MacならではのID/パスワードの強固なセキュリティをご利用になれます。

≪フィンガーセブン・マイスター Mac&Win版≫は、PCにソフトインストールすること無く、USBメモリ内蔵のソフトで、ファイルのソフト暗号化、データ完全消去、暗号化/消去の時限管理などを行い、MacファイルとWindowsファイルを別々に暗号化する事ができます。さらにソフト暗号化されたデータは、Mac, Windows双方で復号化ができファイルの互換性があります。また、利用Macの権限制限、利用設定などUSB使用者管理を含めたセキュリティ対策設定がスーパーバイザーとしても可能になっています。

■管理者1人と最大5人までユーザー登録し、利用者単位のセキュアドライブ領域の作成が可能(Mac利用時)
■AES256暗号化チップ搭載でハード自動暗号化とソフトの二重暗号化が可能で、強力なファイル防御を提供します。
■Macで作成された暗号化データはMac, Windowsどちらでも復号化可能で、ファイルデータの共有が可能
■最大32名の指紋認証登録可能(Windows利用時。Mac利用時はID/パスワード認証のみ管理者を含め最大6名登録可能)
■所定回数のログイン認証の失敗でUSBがロックされます。万一の盗難や紛失にも安心です。
■操作ログ保存により、不正利用を完全に監視・検証が可能
■Mac本体へのソフトウェアのインストールは不要。USB内のソフトだけで動作します。
■フォルダにファイルをドラッグするだけで自動的に暗号化・復号化
■自動アップデート機能で新OS対応、新機能を簡単にインストール利用(保守付)できます。
■利用Mac制限、利用可能Macホワイトリスト機能
■パスワードポリシー設定機能や各種設定変更が可能です。
■最新macOS High Sierra(10.13.1)対応
■トークン機能でのセキュリティ認証サインオン(Windows PC)
■遠隔操作によるデータ消去、データロック、各種設定変更などが可能。また、ログの自動アップロードによる一括管理ができます。(『ULMS Basic』利用。Windows領域のみ対応)


■「フィンガーセブンMac&Win版」紹介ウエブサイト:
http://www.orient-computer.co.jp/products/fingerseven_mac.php


■会社概要
会社名:オリエントコンピュータ株式会社
:代表取締役 八ツ田 和夫
所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-7-1F

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る