• トップ
  • リリース
  • Microsoft Dynamics 365 向けのフィールドサービス・ソリューションを提供開始

プレスリリース

HOYAサービス株式会社

Microsoft Dynamics 365 向けのフィールドサービス・ソリューションを提供開始

(@Press) 2017年12月13日(水)11時15分配信 @Press

事業のグローバル化に伴い、アジア各国や新興国など、生産拠点の拡大、新たな市場開拓を意図した事業の拡張が進み、ERPの導入を検討する企業が増えています。
このようなERPへの着実なニーズを背景として、日本の企業でも急速にMicrosoft Dynamicsの導入が伸びております。また、昨年リリースされたクラウドAzureベースのMicrosoft Dynamics 365も徐々に採用が増えて来ています。これらの需要に応えるためHOYAサービスではMicrosoft Dynamics 365の導入事業を拡大し続けています。

これまでのMicrosoft Dynamics導入経験において、フィールドサービスとしての修理業務についてシステム化をご希望の製造業のお客様が数社ありました。このような製品組立て製造業からのニーズにお応えすべく、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operationsのサービス管理機能を強化して「フィールドサービス・ソリューション」を開発してまいりましたが、このほど開発が完了し、提供を開始することといたしました。

なお、すでにご提供しておりますMicrosoft Dynamics 365版の「組立加工系生産管理テンプレート」に引き続いてのソリューション提供となります。

HOYAサービスでは上流の情報化企画サービスからテンプレートを活用したERP導入のサービス、運用保守サービスまで、一貫したお客様サポートをご提供し、ユーザー企業がERP導入を成功され、基幹システム再構築の効果を実現されるよう支援体制をさらに強化していく計画です。


【フィールドサービス・ソリューションの業務機能概要】
フィールドサービスとしての修理業務について次の一連の業務機能をご提供いたします。

(1)保守契約管理
契約期間、契約内容などの登録・更新・参照を行います
(2)問合せ履歴管理
問合せ実績の登録や過去の問合せの参照を行います
(3)修理見積・受注管理
修理受付実績の登録、費用見積の作成、修理受注の登録、や代替品の貸出の登
録を行います
(4)修理作業登録
作業員などのリソース管理、スケジュール管理や作業実績の登録を行います
(5)在庫管理
修理対象機器の管理、代替品の管理、修理部品の管理を行います。
(6)納品・請求管理
修理完了品の納品実績の登録や請求書発行を行います。
(7)部署間・担当者間の依頼ワークフロー
ワークフローによる依頼と依頼完了の通知を行います。
画面入力操作を軽減するための自動での登録や業務管理上で必要となるデータ
項目を追加して使いやすい画面にするなど、利用性を大幅に高めます。

【フィールドサービス・ソリューションの特長】
弊社のソリューションは、以下の特長があります。

(1)製品販売による出荷実績から保守サービスの対象に自動で登録できます。
(2)保守サービス内容を登録し管理することができます
(3)修理作業のスケジュール管理を行うことができます
(4)修理期間中の代替品の貸出を管理することができます
(5)代替品や修理部品などの在庫管理を行うことができます
(6)受付窓口部署、修理作業部署、請求部署など関連部署の担当者・責任者間での
作業依頼などのワークフロー機能も利用できます
(7)修理費用の請求書を発行し会計システムにデータ連携することができます
(8)すでにDynamicsのERP機能を利用中のお客様に追加で導入することも当ソ
リューションを単独で導入することも可能です。

【HOYAサービスについて】
HOYAサービスは「Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations」の販売・導入を主力事業に位置付けています。HOYAサービスは「組立加工系生産管理テンプレート」を開発し、グローバルで製品・部品の生産を行う製造業のお客様に向け事業活動を展開しています。
また、「Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations」についての概説書「Microsoft Dynamics 365 ERP機能概説」を出版しAmazonにて販売しております。

「組立加工系生産管理テンプレート」
URL:http://www.hoyasv-it.com/d365_product
「Microsoft Dynamics 365 ERP機能概説」
URL:http://www.amazon.co.jp




プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る