• トップ
  • リリース
  • 株式会社エクスプローラ、4K・8K映像対応 小型マルチチャネルテスト信号発生器を開発 2018年3月に販売開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社エクスプローラ

株式会社エクスプローラ、4K・8K映像対応 小型マルチチャネルテスト信号発生器を開発 2018年3月に販売開始

(@Press) 2017年11月06日(月)15時00分配信 @Press

画像技術をコアにコーデック製品を展開している株式会社エクスプローラ(本社:北海道函館市、代表取締役社長:矢吹 尚秀、以下 エクスプローラ)は、2K映像から4K映像、そして将来の8K映像までをラインアップした小型で安価な12G-SDI搭載のマルチチャネルテスト信号発生器(以下 テスト信号発生器)を開発しました。テスト信号発生器は現在普及拡大している4K映像システムや機器のチェック、将来システムである8K映像の研究開発の際に活用されるもので、手軽に本格的なテスト信号を発生、取得したいというお客様のニーズに応えることが可能です。テスト信号発生器は2018年3月より販売を開始します。エクスプローラは、半導体をコアにシステム提案、設計開発サービスを提供する株式会社PALTEKのグループ会社です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/142255/LL_img_142255_1.png
小型マルチチャネルテスト信号発生器

4K画像は民生用4Kテレビジョンの普及や4K画像を使ったデジタルサイネージなどの業務用途で広がりを見せ、4Kテレビジョンにおいては2019年に全世界で出荷台数が、1億台を超えるとの予想もあります。一方8K映像機器の開発も進んでおり、2018年末には実用放送が開始され、東京オリンピック/パラリンピックが開催される2020年には4K・8K放送が一般化したものになるという姿を日本政府は描いています。このように、4K・8K映像のニーズの高まりによってディスプレイのみにとどまらず、これらを使った映像システムが普及し、急速に市場が拡大すると期待されています。


今回、エクスプローラが開発したテスト信号発生器は、入出力に現在普及が拡大している主要なインターフェース規格である12G-SDIや3G-SDIを採用し、2Kから8K映像までの4機種をラインアップしています。システムチェックや画像のチェックに必要なテストパターンに限定することでコストを抑え、最新の12G-SDIインターフェースを搭載し、コストパフォーマンスの高い製品となっています。将来的には、テスト信号発生器の他バージョンへのソフトウエアによるアップデートも企画しています。


筐体は(H)35mm×(W)190mm×(D)115mm(※1)と小型で、かつ安価なシステムでありながら、20種類の画像やオーバーレイ機能を含むテスト信号と、オーディオとして8種類のトーンをエンベドオーディオ信号として発生することが可能です。特に、EMVG-2400とEMVG-4400は4チャンネルのSDI出力から、それぞれ独立に異なるテストパターンの出力ができるマルチチャネル構成(個別系統出力)となっており、1台で多様な使い方が可能です。その他、スクロールによる動画像(※2)チェックやGUIによるフォーマット設定、設定情報のエクスポート・インポート機能などスマートな使い勝手を実現しています。

小型マルチチャネルテスト信号発生器
https://www.atpress.ne.jp/releases/142255/img_142255_1.png

テスト信号発生器は、2017年11月15日から17日まで幕張メッセで開催される2017年国際放送機器展(Inter BEE 2017)のエクスプローラ ブース(ICT/クロスメディア部門 ホール8 8401)にて展示します。


テスト信号発生器のスペックの詳細は、エクスプローラのウェブサイトにてご確認ください。

・小型マルチチャネルテスト信号発生器: http://www.explorer-inc.co.jp/product/emvg.html

エクスプローラは、2018年3月に4機種のテスト信号発生器を販売開始する予定です。


小型マルチチャネルテスト信号発生器ラインアップと発売時期
https://www.atpress.ne.jp/releases/142255/img_142255_2.png

(※1) 突起物を除いた大きさです。
(※2) 使用パターンに制限があります。


■株式会社エクスプローラについて
エクスプローラは1992年に創業し、放送機器、医療機器、製造装置、音響処理装置などの組込み機器のハード・ソフト設計、試作・製造から量産やOEM供給まで手掛けています。FPGAやDSPに関する豊富な設計実績を持ち、最先端の画像・音声処理に関して高い技術力と実績を有しています。また、設計・製造受託を行うだけでなく、自社製品の開発にも力を入れており、最新映像圧縮技術H.265/HEVCによる映像伝送システムを開発・販売しております。なお、エクスプローラは2012年7月に半導体をコアにシステム提案、設計開発サービスを提供する株式会社PALTEKのグループ会社となりました。
エクスプローラに関する詳細は、 http://www.explorer-inc.co.jp/ をご覧ください。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る