• トップ
  • リリース
  • 弥生時代の星空に思いを馳せる『星取県』大山フェスティバル/宙の星inむきばんだ史跡公園 に協力(伯耆国「大山開山1300年祭」プレ・イヤーイベント)星空観望会を実施

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ビクセン

弥生時代の星空に思いを馳せる『星取県』大山フェスティバル/宙の星inむきばんだ史跡公園 に協力(伯耆国「大山開山1300年祭」プレ・イヤーイベント)星空観望会を実施

(@Press) 2017年11月01日(水)17時00分配信 @Press

総合光学機器メーカー、株式会社ビクセン(本社:埼玉県所沢市、代表取締役社長:新妻和重)は、鳥取県大山で11月3日(金・祝)に開催される、「『星取県』大山フェスティバル/宙の星inむきばんだ史跡公園」(伯耆国「大山開山1300年祭」プレ・イヤーイベント)に協力、星空観望会を実施します。

鳥取県は県内すべての市町村から天の川が見えるほど、美しい星空が見える場所。平成29年度から「星取県」のキャッチコピーを掲げ、鳥取の星空のPR活動を続けています。
今回のイベント「『星取県』大山フェスティバル/宙の星inむきばんだ史跡公園」は、2018年に迎える、伯耆国「大山開山1300年祭」のプレ・イヤーイベントとして開催されます。イベントの舞台となる妻木晩田(むきばんだ)史跡公園は、国内最大級の弥生時代の集落跡であり、歴史的にも重要な遺跡です。
このイベントでビクセンは、星空観望会を実施します。ビクセンスタッフの解説とともに、本格的な天体望遠鏡や双眼鏡を使って澄み切った大山の星空をご案内。日が沈む前の月をメインに観望した後、日没後に輝きだす星ぼしをお楽しみいただきます。今回はさらに、移動式プラネタリウムによる全天周番組の上映も行われます。
この秋、鳥取県の歴史と豊かな自然に触れてみてはいかがでしょうか。みなさまのご参加をお待ちしております。

『星取県』大山フェスティバル/宙の星inむきばんだ史跡公園
日時:2017年11月3日(金・祝)
場所:むきばんだ史跡公園(鳥取県大山)
内容:全天周プラネタリウム(16:00〜 2番組各3回上映/全6回)
月の観望会(17:00〜18:00)
星空ウォッチング(18:00〜20:00)
など
イベントについて詳しくは以下のwebサイトをご覧ください。
http://www.daisen1300.org/
※ビクセンではこのイベントに関するお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。


<WEBサイト>
株式会社ビクセンが企画・協力・協賛しているイベントは、以下のページでお知らせします。
株式会社ビクセン https://www.vixen.co.jp/
facebookページ https://www.facebook.com/tonakaifanpage

また、ビクセンでは星空観望会を始めとする「星を見せるイベント」各種のご依頼を随時承っております。
https://www.vixen.co.jp/event/event_info/


<株式会社ビクセン 会社概要>
代表取締役 新妻和重
創業1949年 本社 埼玉県所沢市
天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、フィールドスコープ、ルーペなどの設計、製造を行う光学機器メーカー


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る