• トップ
  • リリース
  • 「賃貸住宅フェア2017 in 名古屋」を開催!〜事前来場予約を受付中〜

プレスリリース

株式会社全国賃貸住宅新聞社

「賃貸住宅フェア2017 in 名古屋」を開催!〜事前来場予約を受付中〜

(@Press) 2017年11月01日(水)15時15分配信 @Press

賃貸住宅業界向け専門紙「週刊全国賃貸住宅新聞」を発行する株式会社全国賃貸住宅新聞社(所在地:東京都中央区)は、11月7日(火)、8日(水)に「賃貸住宅フェア2017 in 名古屋」を吹上ホールで開催いたします。
不動産オーナーにとって、経営課題である「相続トラブル」「節税」「空室対策」「リノベーション」や、最近話題の「サブリース契約」「外国人対応」など、あらゆる情報を一度に収集できるイベントです。入場無料で、48講座のセミナーや、約80社の企業ブースを自由に見て回ることができます。フェア公式サイトでは、イベントの詳細情報を随時更新。現在、事前来場予約を受け付けています。


【賃貸住宅フェア2017 in 名古屋 開催概要】
主催 : 株式会社全国賃貸住宅新聞社
日時 : 2017年11月7日(火)・11月8日(水)
10:00〜17:00
会場 : 吹上ホール
〒464-0856 愛知県名古屋市千種区吹上2-6-3
入場料 : 無料(想定来場者数:4,000人)
フェア公式サイトURL : http://www.zenchin.com/fair2017_kaisai/nagoya/
イベントに関する問い合わせ先:賃貸住宅フェア主催者事務局
TEL(03-6663-4526)


【賃貸住宅フェア2017 in 名古屋の見どころ】
主催者企画 セミナー(1)
〈中心部と郊外で広がるアパート格差〉
名古屋市内でも中心部に資本や人が流れる「一極集中」が進行している。郊外でアパート経営はやっていけるのか?満室対策やリスク回避策に繋がるセミナーを用意。
・「一億総活躍社会でこう変わる!人口減少でも生き残る賃貸住宅」
日本不動産研究所 不動産エコノミスト 吉野 薫氏
・「賃貸住宅空室率の実態」
タス 藤井 和之氏
・「ビッグデータから読み解く、愛知県の賃貸住宅市場の現状」
東京カンテイ名古屋支店 有馬 義之氏

主催者企画 セミナー(2)
〈アパート融資審査は厳格化の時代へ〉
金融機関のアパート融資のハードルが上がり、新築アパート・マンションに事業性の高さが求められるようになった。新たに賃貸経営を始めようと思っている人たち必聴のセミナーをお届けする。
・「金融機関の融資担当が語る!サ高住&賃貸住宅の融資動向」
住宅金融支援機構 金安 淳美氏

主催者企画 パネル展示(3)
〈郊外でできる空室解消事例〉
物件の競争力を上げるためのリフォームやリノベーションが郊外でも増えている。改修工事の難しいところは費用対効果の見極めだ。「投資をしたのに入居が決まらない」こうした事態を避けるためには、ターゲットを明確にしたコンセプトが不可欠である。実際に家賃が上がり入居が決まった成功事例をパネルで紹介する。

◎注目講師が全国行脚
元メガバンク出身のオーナーやリノベーションの巨匠など、業界で話題のセミナー講師8名が、賃貸住宅フェアの全国4会場でセミナーを行います。
最新動向や、今後の賃貸住宅業界が進むべき方向・可能性を示します。


【賃貸住宅フェア2017 in 名古屋の出展予定ブース企業】
今年は、約80社がブース出展予定です。その一部をご紹介します。
(1) 大手ハウスメーカーが集結
セキスイハイム中部、積水ハウス名古屋西シャーメゾン支店、大和ハウス工業、トヨタホーム名古屋、トヨタホーム愛知、八洲建設、住友林業、ミサワホーム

(2) 人気設備上位のインターネット
入居者に人気の設備として近年上位をキープしている「インターネット無料」。提供するブロードバンド企業が8社出展予定。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る