• トップ
  • リリース
  • 海老名駅前3.5ha超の複合開発エリアに誕生するタワーマンション 1月6日ギャラリーをオープン 住み替え支援の「住んだまま買取保証」も新登場

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

小田急不動産株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、小田急電鉄株式会社

海老名駅前3.5ha超の複合開発エリアに誕生するタワーマンション 1月6日ギャラリーをオープン 住み替え支援の「住んだまま買取保証」も新登場

(@Press) 2017年11月27日(月)14時00分配信 @Press

小田急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区 取締役社長:雪竹 正英)、三菱地所レジデンス株式会社(本社:東京都千代田区 取締役社長:脇 英美)および小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 取締役社長:星野 晃司)は、「リーフィアタワー海老名アクロスコート」(地上31階建て/総戸数304戸)のマンションギャラリーを2018年1月6日(土)にグランドオープンいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/137830/LL_img_137830_1.jpg
マンションギャラリー外観

本物件は、神奈川県央(*1)の一大ターミナルである小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる大規模複合開発エリア「ViNA GARDENS」内に建設する住宅施設第1号物件として、2019年10月に竣工予定の海老名市内最高層(*2)の免震タワーマンションです。

また、本物件の販売開始に合わせて、住み替えを検討されている方のための新サービス「住んだまま買取保証」を開始いたします。


■「リーフィアタワー海老名アクロスコート」の主な特徴
1. 注目を集める海老名エリアで行う複合開発
― 海老名は、県内の住みたい街にランクイン(*3)! ―
本物件が誕生する海老名エリアは、近年、住みたい街ランキング上位に名を連ね、2017年度の調査では神奈川県民が選んだ住みたい街の第7位に。ランキング内のエリアを神奈川県のみに絞ると県内では第4位に。暮らしやすさと利便性を兼ねそなえたエリアとして注目されています。

2. 大規模タワーマンションならではの多彩な共用施設と入居者サービス
共用施設は、散歩道や芝生スペースを設けたエアリーガーデンや28階からの眺望を愉しむスカイラウンジ、読書等に利用できるオーナーズ・ライブラリー等、多彩な施設を取り揃えています。
また、お住まいの方々に心地よい日々を過ごしていただくために、ソフト面にもこだわり、様々な入居者サービスを用意しました。

<便利で快適なタワーライフをサポートする入居者サービス>
・コンシェルジュサービス
・24時間ゴミ出し可能(ゴミ置場を各階に設置)
・共用部Wi-Fi(スカイラウンジやオーナーズ・ライブラリー、コミュニティルーム等に設置)
・ポータルサイト(共用施設の予約等ができる居住者専用サイト)
・レンタサイクル(24時間利用できるレンタサイクルシステムを導入)

3. 最高層タワーレジデンスにふさわしい全50タイプの豊富な住戸プラン
専有部は、共用廊下側の吹き抜けや幅広い間口によって実現した、光と風の通り抜ける1LDK〜4LDK・全50タイプのプランバリエーションです。
マンションギャラリーでは、本物件のスケールを大型模型等で視覚的に分かり易く表現しています。また、開発に込める想いや海老名の魅力、タワーレジデンスでのライフスタイル等は横幅7mの大画面シアターにて効果的に演出しています。


■住み替え不安を解消する新サービス「住んだまま買取保証」を開始
このサービスは、「リーフィアタワー海老名アクロスコート」を購入されるお客様に向けて「できるだけ高く売却・買取してほしい」「自宅に住み続けたまま無理なく引越ししたい」等、住み替えに関する様々な不安・要望にお応えするべく誕生したサービスです。
サービスを利用することで購入申込み時点での買取価格が確定するため、資金計画が立てやすく、かつ一定期間は、お客様のご希望に沿った金額での売却活動も可能です。

<サービスの特徴>
・本物件の契約時に買取価格を決定し、引渡しまで仮住まいをすることなく住み替えが可能です。(契約時の買取価格は、2年後の引渡し時も変わりません。)
・一定期間は、諸条件の下、買取価格を上回る価格で売却活動を行い、より高い価格で売却できるチャンスが生まれます。
・万一売却が成立しなかった際も、小田急不動産の買取保証により本物件への入居が可能となります。
・小田急不動産が直接買取をする場合は、仲介手数料は不要です。


(*1) 神奈川県の中央に位置する海老名市、相模原市、厚木市、座間市、大和市、愛甲郡愛川町を含むエリア
(*2) 1993年1月〜2017年3月の期間に海老名市に供給された民間新築分譲マンションにおいて本計画が最高層であることを表現しています。(MRC調べ)
(*3) ※1「SUUMO住みたい街ランキング2017関東編」居住都県別神奈川県民ランキングで7位。※2「※1」のランキングから、都内の街を除き、第4位として掲載。

■物件概要
物件名称 : リーフィアタワー海老名アクロスコート
所在地 : 海老名市めぐみ町512番11
交通 : 小田急線「海老名」駅 徒歩3分
敷地面積 : 5,035.77平方メートル
延べ床面積 : 33,612.58平方メートル
構造 : 鉄筋コンクリート造 基礎免震構造
階数 : 地上31階
用途 : 共同住宅
戸数 : 304戸
間取り : 1LDK〜4LDK
販売開始予定時期: 2018年1月中旬
建物完成予定時期: 2019年10月下旬
引渡予定時期 : 2020年1月下旬
事業主 : 小田急不動産株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、小田急電鉄株式会社
基本設計 : 株式会社アール・アイ・エー
設計・施工 : 三井住友建設株式会社
特設サイト : https://www.odakyu-leafia.jp/mansion/ebina-tower/


【販売に関するお問い合わせ】
「リーフィアタワー海老名」マンションギャラリー
TEL : 0120-093-304
営業時間 : 平日11:00〜18:00、土日祝日10:00〜17:00
定休日 : 水・木曜日、第2火曜日(祝日除く)
特設サイト: https://www.odakyu-leafia.jp/mansion/ebina-tower/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る