• トップ
  • リリース
  • コンビニエンスストア業界初スマートフォンを活用した収納代行サービス「PAYSLE」9/15(金)よりサービス開始

プレスリリース

  • 記事画像1

ミニストップ株式会社

コンビニエンスストア業界初スマートフォンを活用した収納代行サービス「PAYSLE」9/15(金)よりサービス開始

(@Press) 2017年09月07日(木)14時45分配信 @Press

ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:藤本明裕、以下:ミニストップ)は、株式会社ブリースコーポレーション(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:佐藤 洋史、以下:brees)が提供する、スマートフォンを活用したコンビニ収納サービス「PAYSLE(ペイスル)」の取り扱いを、2017年9月15日(金)より開始します。
コンビニエンスストア業界初の試みとして、スマートフォンを活用した新サービス「PAYSLE」を導入します。
「PAYSLE」は、お客さま、店舗そしてミニストップ本部それぞれにメリットをもたらすサービスです。お客さまは、スマートフォンを持っていればいつでも支払いが可能となり、決済の利便性が向上されます。店舗では、紙の振込票保管による手間や個人情報管理リスクの軽減など、業務負荷軽減を図ることができます。さらにミニストップ本部は、既存の収納代行決済機能をそのまま使用することで、導入によるシステム負担を軽減することができます。
ミニストップは今後も、お客さまの利便性向上、店舗の業務負荷軽減を図る仕組みを取り入れてまいります。

≪サービス概要≫
「PAYSLE」は、公共料金や通信販売の代金等の現金支払いの際に用いる紙の振込票のバーコードを、breesが開発した新技術を活用してスマートフォンの画面上に表示し、コンビニの店頭で決済を実現するサービスです。
これまでの収納代行決済は、請求事業者から郵送される払込票やMINISTOP Loppiで発行した払込票の提示が必要でした。利用者は、「PAYSLE」を活用することにより、あらかじめスマートフォンにインストールしたアプリケーションにより表示される電子バーコードを店頭レジで提示し、従業員がスキャナで読み取ることで、支払いが可能となります。
■サービス開始日:2017年9月15日(金)
対応OS AndroidOS4.4以降、iOS8.3以降
※一部対応していない機種がございます
画面の破損、一部画面フィルムの貼付により、バーコードが
読み取れない場合がございます

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/137450/img_137450_1.jpg





プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る