• トップ
  • リリース
  • ケーキやアイスに手軽にかけて食べられる家庭用『黒みつ』鮮度保持仕様のプラボトルにて9月4日リニューアル!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社榮太樓總本鋪

ケーキやアイスに手軽にかけて食べられる家庭用『黒みつ』鮮度保持仕様のプラボトルにて9月4日リニューアル!

(@Press) 2017年09月06日(水)11時30分配信 @Press

株式会社榮太樓總本鋪(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役社長:細田 眞)は、『和菓子屋の黒みつ』を、2017年9月4日(月)にリニューアル発売いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/137136/LL_img_137136_1.jpg
和菓子屋の黒みつ

榮太樓の黒糖へのこだわりは、その昔職人が黒飴に合う美味しい黒糖を求め、沖縄へ長期滞在し買い付けたのが始まりです。その伝統を継承しながら、喫茶室のあんみつに合う黒みつを開発したのがきっかけで、現在の黒みつが完成。瓶に入れて販売していましたが、使いやすさを考慮し、もっと手軽に利用できる鮮度保持仕様のプラボトルにリニューアル。アイスクリームや、ホットケーキ、珈琲、ヨーグルト、煮物などに隠し味として適量分が使用でき、お菓子作りやお料理のバリエーションも増えます。


【商品特徴】
黒糖を選りすぐり、2種類をブレンド。雑味のないまろやかでコクのある黒みつに仕立てました。保存料、着色料、香料は不使用。お客様が手軽に使用できるように、瓶からプラボトルへ、ボトルを押し適量を出せ、みつの出し口の汚れも軽減したキャップへ変更しました。


【商品概要】
商品名 :和菓子屋の黒みつ
価格 :小売希望価格 600円(税抜)
内容量 :270g(開封後は要冷蔵)
発売日 :2017年9月4日(月)
取扱店舗:全国スーパー他の量販店で販売


【榮太樓總本鋪とは】
2018年4月に創業200周年を迎えます。
榮太樓總本鋪の起こりは、文政元年(1818年)に細田徳兵衛が孫ふたりを連れて江戸に出府、「井筒屋」の屋号で菓子の製造販売を始めたもの。やがて、徳兵衛の曾孫に当たる細田安兵衛(幼名栄太郎)が安政四年(1857年)に日本橋のたもと西河岸町に店を構え、自身の幼名に因んで「榮太樓總本鋪」と改号。名代「金鍔」に加え、甘名納糖、梅ぼ志飴、玉だれなど今に続く菓子を創製し、高度成長期の百貨店デパ地下ブームと共に、全国に店舗が広がりました。平成6年(1994年)からは量販店市場(全国のスーパー、コンビニエンスストア等)のNB商品を開発し販売しております。
URL: http://www.eitaro.com/


【会社概要】
商号 : 株式会社榮太樓總本鋪
代表者 : 代表取締役社長 細田 眞
本社 : 〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-5 栄太楼ビル7F
事業内容: 和菓子製造販売
URL : http://www.eitaro.com/


【お客様向けの問い合わせ先】
株式会社榮太樓總本鋪
お客様相談室:0120-284-806
営業時間 :月〜金曜日 10:00〜17:00
休業日 :土・日・祝祭日・年末年始

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る