• トップ
  • リリース
  • 世界初!SSD・HDD完全対応の“ソフトウエア消去・ハードウエア物理破壊・消去ログ一元管理システム”『PEEデータ完全消去ソリューション』を発表

プレスリリース

  • 記事画像1

オリエントコンピュータ株式会社

世界初!SSD・HDD完全対応の“ソフトウエア消去・ハードウエア物理破壊・消去ログ一元管理システム”『PEEデータ完全消去ソリューション』を発表

(@Press) 2017年08月30日(水)10時00分配信 @Press

ソフト、ハードウエアセキュリティ製品、PCセキュリティシステムのメーカーであるオリエントコンピュータ株式会社は、2017年10月1日より、PCセキュリティ情報漏洩防止ソリューション『PEEデータ完全消去ソリューション』<PEES(PEE Data Eraser Solution)>を発売します。

企業・官庁・自治体様にとって、パソコンのリース返却や交換、廃棄時には、重要なデータの入っているHDDやSSDのデータ完全消去、データ完全削除、さらに、その消去ログを管理することまで、個人情報保護法遵守や重要機密情報漏洩防止のために、重要かつ必須な責任作業となっております。
オリエントコンピュータは、これら重要データ完全消去とその消去ログ一元管理を10年以上前から提唱してきました。現在でもログ収集の意味や目的も理解されず、企業のセキュリティポリシーすら確立されていない大手企業様も多く現存する結果、情報管理の脆弱性から重要データの漏洩事故のニュースが、が未だに時折取り上げられるのが現状です。
また、フリーソフト利用や国際基準に満たないデータ消去の方法で、未だに不完全なデータ消去や管理が行なわれているデータセンターも存在します。これらの対策未実施の理由の多くの原因はコストですが、日本はアメリカの10分の1のセキュリティコストしか使われていない状況でセキュリティ対策へのコスト意識が低いと言わざるを得ません。昨今は政府主導でセキュリティ環境教育やセキュリティの国際基準認識を目的とした、国からの指導や補助金のバックアップもようやく進んできております。

オリエントコンピュータは、創業以来、一貫して安全なデータセキュリティ管理のご提案を、以下、4つの基本方針の基にご提案してまいりました。

【データの完全消去、データの安全な移動、データの高度な暗号化、データログの完全管理】

今回、重要データ漏洩防止のためのデータ消去のご案内をいたします。過去には無い、オンリーワンで世界最高水準のオリエントコンピュータの『完全データ消去ソリューション』のご提案をいたします。

PCのリース返却やリユース、廃棄時に、PC利用者自身が自分で簡単にHDD/SSDの完全消去を行うことが可能なうえ、必要な場合は、管理者がリモート操作で消去、時限設定で日時を合わせて自動消去を行うことも可能。いずれの場合も、重要な消去ログを自動一括管理することが可能です。ネットワーク消去(WAN/LAN)、オフライン消去、さらに、ハードディスククラッシャーによる磁気消去、物理破壊まで全てのHDD/SSDのデータ抹消作業を行なえます。これらのソフト・ハード全てのデータ消去作業を一度に簡単に行なえ、それら物理破壊もソフト消去もSSD/HDDも消去ログを一元管理する、世界で初めての全く新しいオリエントコンピュータの『完全データ消去ソリューション』です。

大手企業・中小企業、役所、官公庁、教育機関、研究機関といった重要PCデータを取扱い、PCを数多く末端で利用している全てが対象です。

これまでHDD/SSDの完全消去は、専門の消去会社でも消去が完全かどうかが判りずらく、消去方法も世界基準を満たしているかどうかも判らず、ログ収集も完全で無かったり、コストも余計に掛かったり、作業時間の効率も悪く、消去会社の都合に合わせる必要がありました。『PEEデータ完全消去ソリューション』を利用することで、PC廃棄、返却時に「PCを利用している人が、管理者の認証を得て、自分で自分のPC内データを完全に簡単に安全にデータ消去できる」ようになります。また、予め消去時間を全てのPCに設定してPC内データ消去予約も可能になっています。勿論これらの作業で発生するログは全て一元管理が自動/手動両方で行なえます。オンライン、オフラインに関係なく、HDD/SSD全ての完全消去が行なえます。
HDD/SSDが故障していても問題なく、物理破壊を行い、その物理破壊のログもソフト消去と同様に一元管理が自動/手動で行なえます。

HDD/SSDの記憶媒体のリユース目的のソフト消去には、 Windows OS から誰でも簡単に消去を開始し、最終的には、OSを含む全HDD/SSDを完全消去できるアプリ「ePEE」のほか、消去会社用のスタンドアローン版 USBブート版「PEE」があります。
HDD/SSD破棄処分目的の磁気物理消去機「HDDクラッシャーSUPPER COMBO」利用による完全磁気消去、物理破壊消去を供給します。さらに、「PEE消去ログ一元管理システム」でソフト消去、物理破壊両方の消去ログ、未消去ディスクリストなどを一元管理、オフラインPCやHDD/SSDは消去ログをCSV形式でアップロードし一元管理できる総合データ消去ソリューション製品です。

ソフト・ハードの両方を自社開発し供給しているのは世界でオリエントコンピュータだけです。(2017年8月現在:自社調べ)

消去ログ一元管理システムは、クラウド、プライベートクラウド、オンプレミスなどのいずれもご希望でのご提案が可能です。各企業、官庁様のカスタマイズご利用も可能です。
大量のモバイルデバイスの完全消去システムもオプションで供給可能です。


■『PEEデータ完全消去ソリューション』の基本機能・特徴
(1) データ消去ソフト「PEE」シリーズ HDD/SSD対応
●簡単操作の Windows デスクトップアプリ「ePEE」
・Windowsアプリのためわかりやすいユーザインターフェース
・SSD対応インターフェース、SATA.NVMe.U2.MMC(eMMC)、常時対応更新
・Windows OSから起動して、OS事完全消去、全てのアプリも完全消去
・データ消去は管理者側で全て認証事前設定可能
・データ消去は管理者側で「時限設定」PCデータ消去可能
・データ消去は管理者側で遠隔データ消去可能
・一般PC利用者はアプリを起動して簡単ワンクリック「消去スタート」
・消去ログは管理サーバーへ自動送信一元管理
・UEFIブート機も自動検知で消去
・プロキシーサーバー利用も可能
・オフラインスマートチェック機能付きでデバイス故障時も表記
・オンライン、オフライン両方利用可でログ一元管理も可能
・消去拠点が全国・全世界何十箇所でも全て本部で認証管理可(消去スタート/ログ一元管理)
●スタンドアローンでの大量消去は「PEE USB版」
・オフライン環境でのPC消去は連続消去機能付きで時短
・オフラインでのデータ消去ログは管理サーバーへUSB利用でアップロード

(2) データ消去完全物理破壊「SUPPER COMBO クラッシャー」 HDD/SSD対応
・磁気消去 HDD対象 世界初DEE方式(特許) リバウンド方式(特許)
・磁気消去 磁力11,000oe出力 公的機関実証実験済
・磁気消去ログ自動収集 世界初(csv)
・磁気消去 LTO,CMT,OPENリース他全ての磁気テープ対象
・物理破壊機消去 HDD対象 SSD対象

(3) PEE消去ログ一元管理システム
・バーコード利用で、HDDデータ読込み消去ログ一括管理
・消去不可HDDのネットワークログ確認
・スタンドアローン消去ログ取り込み
・オンライン、オフライン混在作業でも消去ログ一元管理が可能
・物理破壊データ、ソフト消去データ、ログ共有自動一元管理
・クラウド版、オンプレ版、オンライン、オフライン、LAN、全ての一元消去システム

『PEEデータ完全消去ソリューション』は、リースやレンタル終了、廃棄時のHDD/SSDの完全消去とそのログ管理を、ソフト・ハード両方で一元管理する総合的な「データ消去システム」です。お問い合わせは下記まで。

『PEEデータ完全消去ソリューション』製品紹介ウエブサイト
http://www.orient-computer.co.jp/products/pee_system.php

オリエントコンピュータネットワークデータセキュリティ概念図
http://www.orient-computer.co.jp/panf/security_guide.pdf


■会社概要
会社名:オリエントコンピュータ株式会社
管理者:代表取締役社長 八ツ田 和夫
所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿 6-12-7-1F

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る