プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

スタイルプラス株式会社

本場奄美大島紬NEXTプロジェクト始動

(@Press) 2017年08月31日(木)11時00分配信 @Press

本場奄美大島紬は、1,300年という日本で最も長い歴史と伝統をもつ着物です。しかし現在は後継者が減り、数年後には作りあげることが難しいという危機をむかえています。作り手のなかでも若い世代の感覚と受け継ぐ伝統技術で作った着物を、次の若い世代に着てもらうことが、この伝統が活き続けることに繋がると考え、私たちは立ち上がりました。
本場奄美大島紬はすべてが手作業で全約30〜40の工程があり、各工程ごとに専門の職人が必要なため、1人で創り上げることができません。私たち本場奄美大島紬協同組合の若い世代が集まり、すべての工程を私たち若い世代が担当し受け継がれてきた伝統技術を使って、私たちの同世代の方に着てもらえる本場奄美大島紬を創りあげる本プロジェクトを始動します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/135042/LL_img_135042_1.jpg
本場奄美大島紬NEXTプロジェクトメンバー


若い職人が少ないという危機。やりたくても生活していけない状況を打破
若い職人が夢を持て、生活していける状況に変えたい。

現在本場奄美大島紬をつくる職人の平均年齢が約70歳となり、若い世代が少ないという状況です。また、職人として食べていくのも厳しい状況です。生活していけない状況を打破するため自分たちで作り自分たちで販売する方法に変え、職人の適正賃金が支給できるような仕組みづくりを行います。

昔も今も憧れる着物でありたい。若い世代に着てもらうための一歩。


■本プロジェクトのポイント
1)全工程、若い世代の手で本場奄美大島紬を作る。
2)同世代に着てもらえる本場奄美大島紬を考え届ける。
3)エンドユーザーに本場奄美大島紬を直接お届けする。
4)若手への技術伝承とともに、担い手が生まれるようにする。
5)担い手が職人として食べていける環境を整える。


■本プロジェクトの主体
本場奄美大島紬NEXTプロジェクト(本場奄美大島紬協同組合 青年部)
http://www.ohshimatsumuginextproject.com


■本プロジェクトのスケジュール
2017年8月 商品企画
2017年9月 クラウドファンディング実施
2017年10月 製作開始
2018年9月 商品発表・販売会開催

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る