• トップ
  • リリース
  • ホワイトハウスで愛され続けるワイン、ボーリュー・ヴィンヤード(BV) 東京アメリカンクラブにて『ホワイトハウス・ディナー』を開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

トレジャリー・ワイン・エステーツ・ジャパン株式会社

ホワイトハウスで愛され続けるワイン、ボーリュー・ヴィンヤード(BV) 東京アメリカンクラブにて『ホワイトハウス・ディナー』を開催

(@Press) 2017年08月07日(月)15時00分配信 @Press

グローバルに展開するワイン会社、トレジャリー・ワイン・エステーツ(日本支社所在地:東京都港区、以下TWE)がアメリカのナパ・ヴァレーで展開し、同地で最も歴史のあるワイナリーのひとつであるボーリュー・ヴィンヤード(BV)は、本年9月15日(金曜日)、長年にわたりホワイトハウスでサーブされ続けているBVの歴史と品質を日本国内でより多くの方に知っていただくため、東京アメリカンクラブにおいて『ホワイトハウス・ディナー』を開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/134998/LL_img_134998_1.jpg
ボーリュー・ヴィンヤード(BV)


1900年にフランス・ボルドー出身のジョージ・デ・ラトゥールによって創設されたボーリュー・ヴィンヤードは、ナパ・ヴァレーのワイン造りにおいて品質と革新の指標となっています。1920年代に制定された禁酒法が施行されている時代においても、ボーリュー・ヴィンヤードは特別に政府からの許可を得て、教会のミサ用としてワイン造りを続ける事が出来ました。このように、特別なワインとして君臨し続けたボーリュー・ヴィンヤードは、ワインの生産地としてカリフォルニアの実力が世界に知れわたる前から、重要な国賓のおもてなしに相応しいワインとして、アメリカ政府に大きな信頼を寄せられ、60年にわたってホワイトハウスの公式晩餐会でサーブされ続けています。

『ホワイトハウス・ディナー』では、トレジャリー・ワイン・エステーツのUSワインアンバサダーのデイヴィッド・シューメーカーがホストを務め、ホワイトハウスで実際に提供されているディナーからインスパイアされたメニューと、BVのワインのペアリングをお楽しみいただけます。また、会場ではレッドカーペットの装飾やダンスパフォーマンスなどを予定しており、アメリカらしい華やかな雰囲気の中、スペシャル企画としてBVのアイコンワイン、ジョージ・デ・ラトゥールの1991年ヴィンテージが日本で初めて振る舞われる予定です。

トレジャリー・ワイン・エステーツでは、このBVの『ホワイトハウス ディナー』開催に伴い、国内最大規模のワイン通販サイト「ドラジェ」と共同で、対象となるBVのワインを購入された方の中から3名の方を当ディナーに特別にご招待するキャンペーンを、本年8月30日まで実施しています。

ドラジェ内、BV『ホワイトハウス・ディナー』キャンペーンの対象ワインおよび詳細は、以下のURLよりご覧いただけます。

http://www.dragee.co.jp/fs/dragee/c/gr947


■トレジャリー・ワイン・エステーツ(TWE)について
オーストラリア証券取引所(ASX)に上場している世界最大級のワイン会社です。ペンフォールズ、ウルフ・ブラス、ボーリュー・ヴィンヤード、リンデマンズ、スターリング・ヴィンヤーズ、ブロッサム・ヒル、ペッパージャック、ローソンズ・リトリート、マトゥア、ベリンジャー、スタッグス・リープ、19クライムズ、ガビアーノ、シャトー・セント・ジーン、ウィンズ・クナワラ・エステートなど、当社では世界中で多くの賞を受賞しているワインブランドを有しています。TWEでは、国際的に認められたワインの産地において世界トップクラスの生産設備を投じ、展開ブランドのプレミアム化とブランド主導のマーケティングに焦点を当てています。
所有、リース、第三者所有など異なる所有形態のブドウ畑から供給されるブドウが、当社の源となっています。現在、ワインメーカー、ブドウ栽培家、販売、マーケティング、流通、サポートスタッフなど3,500名に上る従業員を擁し、TWEのワインは、世界100ヵ国以上で販売されています。

URL: http://www.twejapan.com

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る