• トップ
  • リリース
  • 〜実名型体験投稿メディアを用いた地域情報の発信をサポート〜プレイライフ株式会社に投資実行しました

プレスリリース

  • 記事画像1

阪急電鉄株式会社

〜実名型体験投稿メディアを用いた地域情報の発信をサポート〜プレイライフ株式会社に投資実行しました

(@Press) 2017年07月31日(月)17時15分配信 @Press

本日、株式会社池田泉州銀行(頭取 藤田博久)、阪急電鉄株式会社(社長 杉山健博)、南海電気鉄道株式会社(社長 遠北光彦)及び池田泉州キャピタル株式会社(社長 石飛光俊)の4社が共同で出資した、「SI創業応援ファンド投資事業有限責任組合」(以下、「S I創業応援ファンド」)は、プレイライフ株式会社(社長 佐藤太一)(以下、「プレイライフ」)に対し、999万円の投資を実行しましたので、お知らせいたします。今回の投資で「SI創業応援ファンド」からの投資実行は8件目となります。

「プレイライフ」は遊びの実名型体験投稿メディア“PLAYLIFE”を運営しています。
“PLAYLIFE”では、SNSで多数のフォロワーを持つプランナー(記事作成者)が、各地の施設やイベントを自ら取材・体験し実名で記事を投稿することで、「体験者の顔が見える」信頼性の高い情報を発信し、結果、人の呼び込みを通じた地域の活性化を目指しています。

本ファンドは、「プレイライフ」に資金面のサポートを行うとともに、同社の展開する“PLAYLIFE”が有する優れた情報発信機能を応援してまいります。


■ 【プレイライフによる事業スキーム図】
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/134651/img_134651_1.jpg


■ 【プレイライフの概要】
社名 プレイライフ株式会社
代表取締役社長 佐藤 太一(さとう・たいち)
所在地 東京都港区南青山1丁目10番6号 ファミリー青山ビル5階
設立 平成25年6月
URL http://playlife.co.jp/


■ 【ファンド概要】
名称
SI創業応援ファンド投資事業有限責任組合
ファンド総額
3億円
組合員構成
株式会社池田泉州銀行
阪急電鉄株式会社
南海電気鉄道株式会社
池田泉州キャピタル株式会社
主な投資対象
関西圏の地域経済の活性化につながり、新技術や新たなビジネスモデル等、今後の成長が期待される創業・第二創業に取組む企業
投資形態
株式、新株予約権付社債等
設立日
平成28年2月18日
存続期間
約10年間
無限責任組合員
池田泉州キャピタル株式会社


阪急電鉄株式会社:http://www.hankyu.co.jp/

リリース:http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/5252.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る