• トップ
  • リリース
  • 企画展 「進化する不可能立体錯視〜真実がわかっても逃れられない不条理の世界」8月19日まで 博物館特別展示室で開催中

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

学校法人明治大学広報課

企画展 「進化する不可能立体錯視〜真実がわかっても逃れられない不条理の世界」8月19日まで 博物館特別展示室で開催中

(@Press) 2017年07月04日(火)11時00分配信 @Press

明治大学博物館では、企画展「進化する不可能立体錯視〜真実がわかっても逃れられない不条理の世界」を開催中です。8月19日まで、入場無料。
「不可能立体の絵」と呼ばれるだまし絵の中には、その名に反して立体化できるものがあり、さまざまな種類の不可能立体が見つかってきました。本企画展では、あり得ない動きが見えてくる「不可能モーション立体」、鏡に映すと姿が変わる「変身立体」、回転させると形が徐々に変わるように見える「軟体立体」などを発見順に第1世代から第6世代までに分類して展示します。立体の形を理性で理解した後でも、特別な視点から眺めると再び錯覚が起こってしまう脳の不条理を体験していただけます。
これらは、目で見る仕組みを数学で調べる研究の中で生まれたもの。数学が新しいものを作る力を持っていることも感じていただける企画展です。

「進化する不可能立体錯視〜真実がわかっても逃れられない不条理の世界」
会 場:明治大学博物館 特別展示室(駿河台キャンパス・アカデミーコモン地階)会 期:7月4日(火)〜8月19日(土)。入場無料
休館日:8月10日(木)〜8月16日(水)
主 催:明治大学先端数理科学インスティテュート「錯視の心理的・数理的アプローチの融合研究プロジェクト」、私立大学研究ブランディング事業「数理科学する明治大学」錯視学研究グループ

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る