• トップ
  • リリース
  • 日本の法と法制度を学ぶ外国人向け短期集中プログラム 「Law in Japan Program 2017」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

学校法人明治大学広報課

日本の法と法制度を学ぶ外国人向け短期集中プログラム 「Law in Japan Program 2017」

(@Press) 2017年06月30日(金)10時15分配信 @Press

明治大学法学部は、外国の留学生や社会人を対象とした、日本の法の基礎を英語で学ぶプログラム「Law inJapan Program 2017」を駿河台キャンパスで実施します。セッション1は7月3日(月)〜7月14日(金)、セッション2は7月28日(金)〜8月9日(水)の各2週間です。
今回で9回目となる本プログラムには、フィリピン、オーストラリア、ノルウェー、インド、モロッコ、バングラデシュ、カザフスタン等、海外22ヶ国から過去最高の52名が参加します。プログラムは、憲法、民事法、刑事法、競争法、知的財産法、国際法といった多彩な分野の講義と衆議院法制局、刑務所、裁判所等法律関連施設へのフィールドトリップで構成。法律専攻の学生や法曹界で活躍する社会人のみならず、法律知識のない参加者にも理解しやすい内容になるよう、過去のプログラム参加者のコメントも取り入れながら工夫を重ねています。
セッション2には明大法学部生も単位を修得できる受講生として参加。日本にいながら外国人参加者と活発な議論を交わす絶好の機会となります。また、参加する明大生はプログラム運営をサポートする「プログラムサポーター」としての役割も果たし、世界各国からの参加者と学び合い、交流を深めます。
※プログラム詳細は、当大学ホームページをご参照ください(英語のみ)。http://www.meiji.ac.jp/cip/english/programs/law/index.html

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る