• トップ
  • リリース
  • 明治大学 校友会寄付講座日本卓球界の全盛期を牽引した兒玉圭司氏 特別講演会を7月1日開催「強い自分をつくるマネジメント〜今こそ問われる心の在り方〜」

プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人明治大学広報課

明治大学 校友会寄付講座日本卓球界の全盛期を牽引した兒玉圭司氏 特別講演会を7月1日開催「強い自分をつくるマネジメント〜今こそ問われる心の在り方〜」

(@Press) 2017年06月26日(月)14時00分配信 @Press

明治大学の生涯学習機関リバティアカデミーは、7月1日(土)13時より駿河台キャンパスリバティホールにて、【明治大学校友会寄付講座】「強い自分をつくるマネジメント〜今こそ問われる心の在り方〜」を開催いたします。

講師は、日本卓球界の全盛期を牽引し、代表監督として計17個の金メダルをもたらした兒玉圭司氏(株式会社スヴェンソン代表取締役会長)。スヴェンソン社は、企業理念の一つである「健康」をもとに、卓球選手の支援を行っていることでも知られています。
人生において多くのことを卓球というスポーツから学んだという同氏は、そこでの経験が企業経営の根幹となっており、「熱意は自分を動かし、人を動かす」・「感動が次の感動を生む」・「努力は才能に勝る」と語ります。
卓球を通じて世界の国々との親交を深め貢献してきた“ピンポン外交”をはじめ、「願いを込めて晴れやかに努力する」という意味で自ら創った“願晴る(がんばる)”という言葉とともに歩んできた兒玉氏の人生のビジョン、心の在り方、さらには、これからの卓球界についても言葉を紡いでいただきます。


■ 明治大学校友会寄付講座

■ 「強い自分をつくるマネジメント〜今こそ問われる心の在り方〜」
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/131641/table_131641_1.jpg





プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る