• トップ
  • リリース
  • 80年代米国・欧州のパンクキッズを熱狂させた「TARGET VIDEO」が30年の時を経て「VICE PLUS」で復活!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

VICE MEDIA JAPAN株式会社

80年代米国・欧州のパンクキッズを熱狂させた「TARGET VIDEO」が30年の時を経て「VICE PLUS」で復活!

(@Press) 2017年05月25日(木)14時00分配信 @Press

VICE MEDIA JAPAN株式会社(所在地:東京都渋谷区、社長:佐藤慎吾)は、BLACK FLAG、THE SCREAMERS、THE CRAMPS、DEAD KENNEDYS、RAMONESなどの未だDVD化されていないお宝映像を「TARGET VIDEO」創設メンバーが再編集した完全オリジナルのVODでお茶の間に配信いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/129274/LL_img_129274_1.jpg
TARGET VIDEO-Visual01


URL: https://jp.vice.com/music/vice-plus-target-video


TARGET VIDEOは、1980年代にサンフランシスコを拠点とし、パンクアーティストを中心としたライブを撮影しながら、独自のスタイルで編集。世界中で上映ツアーを行った映像アーティスト集団です。また、VHSフォーマットで、これらの作品をリリースした先駆者的存在でもあり、「ライブ音楽ビデオ」ジャンルを確立させた伝説的レーベルでもあります。

VICE PLUSで配信される作品は、TARGET VIDEO 創設メンバーが再編集した完全オリジナル!アーティストは、BAD BRAINS、BLACK FLAG、CIRCLE JERKS、X、DEAD KENNEDYS、FLIPPER、CRUCIFIX、THROBBING GRISTLE、DEVO、RAMONES など多数。TARGET VIDEOが抱える膨大なアーカイブから、DVD化されていない、オンラインでも配信されていない、超秘蔵で超貴重な映像を随時公開予定。また今後、過去にVHSでもリリースされていない映像も登場する予定です。


■2017年夏、TARGET VIDEO日本初の上映イベントを予定!
2017年夏、東京都内にて、「TARGET VIDEO」日本初の上映イベントの開催を予定しています。
スペシャルゲストによるトークショーも実施予定。 イベントの詳細等、最新情報は VICE Japan ウェブサイト( http://www.vice.com/jp )にて順次発表して参ります。


■TARGET VIDEO配信予定のアーティスト
・BLACK FLAG(ブラック・フラッグ)
ギタリストのグレッグ・ギンを中心に結成。4代目ヴォーカリストであるヘンリー・ロリンズ参加後のアルバム『Damaged』は、モンスター級のハードコア名盤。

・RAMONES(ラモーンズ)
ロンドンで爆発したパンクムーヴメントに影響を与えたNYの伝説。シンプルでキャッチーでスピーディーなスタイルは、多くのキッズたちに影響を与えた。1974年結成。1996年解散。

・DEAD KENNEDYS(デッド・ケネディーズ)
ジェロ・ビアフラ率いるサンフランシスコの怪物パンク。ロカビリー、カントリー、ガレージなどのエッセンスを含みながら、軽快に毒々しく疾走。反体制的な歌詞も魅力だった。

・THE SCREAMERS(ザ・スクリーマーズ)
ロサンゼルス発、驚異のミュータント・パンクバンド。1975年結成。早々とシンセサイザーを取り入れたサウンドは、パンク真っ只中の時代なのに<ポストパンク>を展開していた。
*CHAPTER1にて配信済み

・THE CRAMPS(ザ・クランプス)
いかがわしくて、妖艶で、変態。1976年にニューヨークで結成された米国珍獣シーンのパイオニア。パンク、ガレージ、ロカビリー、サイコビリーを見事にスワッピング。
*CHAPTER1にて配信済み

・DEVO(ディーヴォ)
ロンドンでは、革ジャン・安全ピン・モヒカンだったのに、米国では訳のわからん宇宙服バンドがピョコピョコやってた。やっぱ最高。1974年、オハイオ州アクロンにて結成。


■TARGET VIDEOについて
「TARGET VIDEOが撮らえたヒストリックパンク」
https://jp.vice.com/music/vice-plus-target-video

その他の配信予定のアーティストは、VICE Japan ウェブサイト( http://www.vice.com/jp )にて順次発表して参ります。


■その他 VICE PLUSのコンテンツ紹介
VICE PLUSでは、VICEがグローバルにて展開しているプレミアムコンテンツ、VICE Japanによるオリジナルコンテンツ、そしてVICE Japanがキュレーションする映画やアニメなどの作品を随時配信しております。
URL: http://plus.vice.com

<VICE on HBO>
エミー賞を獲得したドキュメンタリーシリーズ。

<VICE FILMS>
VICEが21st Century FOXと立上げたVICE FILMS。スヌープ・ドッグの映画など。

<HEAVY METAL IN BAGHDAD>
VICE初の映像作品。スパイク・ジョーンズとの共作。バグダッドのヘビー・メタル。

<工場の出口>
ルイ・リュミエールによる世界初の映画。短編モノクロ無声ドキュメンタリー。

<I'M HERE>
スパイク・ジョーンズが脚本・監督を務めた短編SF映画。

<塚本晋也監督作品>
インディペンデント映画の金字塔「電柱小僧の冒険」「鉄男」から「野火」まで。

そのほかオリジナルなキュレーションを実施中!


■VICE MEDIAについて
VICEは、地上波、衛星放送に続き、インターネットで観る「第三のテレビ」として、独自の映像コンテンツを世界37カ国を拠点に展開するデジタルメディアです。基幹ウェブ媒体であるVICEの他に、ニュースに特化したVICE News、世界の音楽シーンを扱うNoiseyなど関連媒体は10を超え、VICE MEDIAのコンテンツを視聴している人は2億5,000〜3億人を上回ります。
VICEが扱うのは、音楽、ファッション、アート、スポーツに代表されるエンターテイメントから、時事、政治、戦争、イデオロギーに至るあらゆるトピックです。どのメディアよりも自由に、タブーなく取材し、従来のマスに広く伝えることありきではなく、個人個人に深く突き刺さることを前提とした映像コンテンツを、日々提供しています。また、ネット発のメディアとして初めてエミー賞を受賞。今や全米の若者の間では「もっとも信頼できるニュース」ともいわれています。2015年より、エディトリアル中心のメディアとして世界ナンバーワンのアクセス*を誇り、日本では2012年よりサービスを展開しています。
*Alexa調べ。ポータルサイトを除く純メディアのランキング。

VICE Japan: http://www.vice.com/jp
i-D Japan : http://i-d.vice.com/jp
VICE Plus : http://plus.vice.com
VICE Japan YouTube channel: https://www.youtube.com/user/VICEjpch

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る