• トップ
  • リリース
  • “婚活レンズ”で顔の魅力度が140%上昇!?カラコン装着時における第一印象を脳科学的に調査

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ネットランドジャパン

“婚活レンズ”で顔の魅力度が140%上昇!?カラコン装着時における第一印象を脳科学的に調査

(@Press) 2017年05月23日(火)11時00分配信 @Press

婚活で「選ばれる」第一印象を演出する株式会社ネットランドジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:杉田 真浩)の婚活カラーコンタクトレンズ(婚活レンズ)ブランド『Acorde(アコルデ)』は、脳科学と認知科学の知見に基づいたコンサルティングサービスを提供する株式会社センタンと共同で、結婚願望のある独身男性16名(26歳〜39歳)を対象に「女性が“婚活レンズ”を装着すると、男性からの好意を持たれやすくなるか?」を調査しました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/128875/LL_img_128875_1.jpg
調査結果イメージ※イラストは、わかりやすくイメージ表現しています


▽婚活レンズ『アコルデ』
http://acorde.info/


人の印象は出会って3〜5秒でほぼ決まるといわれ、これは「適応性無意識」という心理反応のひとつになります。婚活ではこの3秒勝負の第一印象をよくするために、様々なサービス・商品があり、婚活レンズ『アコルデ』もその1つです。しかし、今回の調査で、婚活レンズ『アコルデ』をつけた女性の顔は、裸眼時よりも「適応性無意識」の前である見て1〜2秒の段階(無意識)の時に、既に男性に対してより魅力をあたえる結果となり、婚活シーンにより役立つであろうことが示唆されました。
※婚活レンズ『アコルデ』はより自然な色調で瞳に輝きを与える、カラーコンタクトレンズです。

主な調査結果は、以下のとおりです。


《主な調査結果》
◇『アコルデ』を装着した写真と、裸眼写真と比較した場合、アンケートでは顔の魅力度が最大で140%に高まることが判明。
◇『アコルデ』を装着した写真を観察したときの脳波を解析すると、無意識の段階(1.25秒)で、顔に好ましさを感じる傾向を示しており、その傾向は持続する傾向にあった。
◇『アコルデ』による目の変化が、顔の魅力に影響していた。
◇実験終了後に、「カラーコンタクトレンズをつけている写真とつけていない写真があったことに気がついたか」質問したところ、16名中14名は「気づかなかった」と回答した。
◇また、気がついた2名においても『アコルデ』装着写真の方が魅力と回答しており、脳波も同じ傾向を示す結果となっている。


《結果詳細》
■婚活レンズ『アコルデ』を装着することで、裸眼時に比べ顔の魅力度が最大140%に!瞳の変化で顔の印象が魅力的に高まった!

婚活レンズ『アコルデ』装着時と裸眼時の女性の顔写真を見せ、2種類のアンケートを実施しました。どちらのアンケートでも「アコルデ」を装着した女性を魅力的と回答しました。

図1
https://www.atpress.ne.jp/releases/128875/img_128875_2.jpg


■脳は、意識では気づかない瞳の変化に瞬時に気づき、顔に好意を示している!

ポジティブ感情を喚起させる刺激は左前頭部の脳活動、ネガティブ感情を喚起させる刺激は右前頭部の脳活動と関連するといわれており、まず前頭部の左右差に着目し分析を行いました。図2のとおり、「アコルデ装着時」と「裸眼」を比較した際に「アコルデ装着時」の写真をみたときの方が、感情がポジティブ傾向にふれていました。更に、この反応が優位にみられたのは、写真提示後1.25秒〜1.75秒であり、自身が気付かない「無意識」の段階で、脳が既にポジティブな反応を示し、この傾向は写真提示後2秒まで続いていることも判明しました。

図2
https://www.atpress.ne.jp/releases/128875/img_128875_3.jpg

さらに、認知的処理と関連している後頭部のα波に着目し、分析を行ったところ、図3のとおり、写真提示後、1.3〜1.5秒付近で「アコルデ装着時」の写真をみたときの方が、α波が抑制※されており、「無意識」の段階で脳が「好ましい顔である」と反応した傾向があらわれていました。

※後頭部のα波は抑制され値が低いほど「好ましい」と判断していることを示す。

図3
https://www.atpress.ne.jp/releases/128875/img_128875_4.jpg


■独身男性の87.5%はカラーコンタクトレンズの装着に気づかなかった

実験終了後のアンケートで、16名中14名は「アコルデ」を装着していることに気づかなかったと回答し、且つ、「アコルデ装着時の顔」を「魅力的である」と回答しています。カラーコンタクトレンズで瞳がわずかに変わっていることに気づかなかったけれども、既に脳は瞬時に顔の変化に気づき、好意的かつポジティブに反応し、アンケート(意識レベル)で魅力的と判断されたのではないかと考えられます。

<まとめ>
コミュニーションにおける有名な法則に『メラビアンの法則』というものがあります。これは、「相手にメッセージを伝えるとき、言語情報(内容)が7%、聴覚情報(話し方等)が38%、視覚情報(見た目・ボディランゲージ等)が55%の重要度を持っている」という法則です。特に婚活では短時間に多数の異性と出会い、ゆっくり話をすることすらできないまま、次のステップへ進まなくてはならず、この視覚情報は非常に重要だと考えます。
今回の調査により、女性はいつものメイクに『アコルデ』を装着するだけで、男性にいっそう好感をもたれることが示唆されたことから、婚活女性により自信をあたえる商品であることを科学的に検証できました。
その日のシーンやファッション、メイクにあわせた『アコルデ』を、楽しんでみてください。


《調査概要》
■実施時期 :2017年2月23日(木)〜2月27日(月)
■調査元 :株式会社センタン( http://www.centan.jp/ )
■被験者情報:26〜39歳の有職独身男性16名(平均32.8歳 SD=4.0)
※右利き、結婚経験なし、将来的には結婚を希望している
■提示写真 :20〜30代の女性8名の裸眼時とカラーコンタクトレンズ装着時の写真
※頭部方向0°視線方向30°,頭部方向30°視線方向30°の2パターン
※普段のメイク・髪型・服装で撮影。写真は同日同時間撮影し、表情も統一した。
※装着カラーコンタクトレンズ『アコルデ デイリーベーシックブラウン』

■取得データ:簡易アンケート、脳波(EEG 14ch 国際10-20法に基づく)
【課題】
<評定課題>
連続的に提示された写真を提示し、観察。
<比較課題>
裸眼の写真と『アコルデ』装着の写真を1枚ずつ提示し観察。

【簡易アンケート(主観・意識)】
・数枚に一度、写真についてどの程度の魅力を感じるか7段階評定で回答。(目および顔について)
・どちらがより魅力的かを選択。

【脳波計測(生理・無意識)】
・前頭部の左右差に着目し指標として採用。
・後頭部のα波に着目し指標ととして採用。


婚活レンズ『アコルデ』
http://acorde.info/


●商品概要
販売名 :アクアマックスカラー1DAY
スペック:DIA 14.20mm/BC 8.5/1日使い捨て/含水率58%/
度数0.00〜-8.00
価格 :1,800円(税抜)/1箱10枚入り
高度管理医療機器承認番号:22700BZI00009A01

※ コンタクトレンズは高度管理医療機器です。眼科医にて診察を受け、指示を守ってください。
※ 製品に添付されている添付文書をよく読み、正しい使い方を理解してからご使用ください。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る