• トップ
  • リリース
  • 夏の気になる頭皮の不快感を海泥とハーブの力で爽快リフレッシュ!『ラサーナ』のクール系ヘアケアアイテムが数量限定発売!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社ヤマサキ

夏の気になる頭皮の不快感を海泥とハーブの力で爽快リフレッシュ!『ラサーナ』のクール系ヘアケアアイテムが数量限定発売!

(@Press) 2017年05月22日(月)11時00分配信 @Press

洗い流さないトリートメント全国売上NO.1(※1)の海藻コスメブランド「ラサーナ」を展開する株式会社ヤマサキ(本社:広島市、代表取締役:山崎 宏忠)は、『ラサーナ 海藻 海泥 シャンプー&トリートメント<クールタイプ>』を、2017年6月25日(日)、通販・インターネットにて数量限定で新発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/128852/LL_img_128852_1.jpg
ラサーナ 海藻 海泥 シャンプー&トリートメント<クールタイプ>


<ラサーナ公式通販サイト> http://www.lasana.co.jp/


【商品概要】
『ラサーナ 海藻 海泥 シャンプー&トリートメント<クールタイプ>』は、夏の気になる頭皮のベタつき・皮脂汚れをすっきり洗い上げ、同時にダメージ補修する、この夏限定のシャンプー&トリートメントです。
7種のハーブエキス(※2)を配合、ハーバルミントの香りで頭皮のニオイをケアします。天然はっか由来のメントールがひんやりとした清涼感を与え、お風呂上がりも気持ち良さが続きます。
また、海藻のエキス(※3)、海泥(※4)、アミノ酸系洗浄成分(※5)を配合。サラッとゆるいテクスチャーが特長で、頭皮にそのまま塗布すれば、頭皮全体に行きわたり、頭皮と髪をやさしく洗えて余分な皮脂汚れだけを吸着・除去します。
暑い夏を涼しく快適に過ごしたい方におすすめです。


【共通特長】
(1)シャキッとクールな使い心地!
天然はっか由来のメントールと、持続型の清涼成分(※6)を配合。「速攻×持続」のダブルの清涼成分で、すっきり気持ち良い洗い上がりに。
(2)7種のハーブが、頭皮のニオイをケア!
200種類の植物から選ばれた7種のハーブ(※2)を配合。頭皮を健やかにし、ハーバルミントの香りで気になる頭皮のニオイを抑えます。
(3)海藻と海泥の力で、頭皮もすっきり!
ミネラル豊富なフランス・ブルターニュ産海藻のエキス(※3)と海泥(※4)が、頭皮や髪をやさしくしっかり洗い、潤いに満ちたまとまりやすい髪へ導きます。


(※1) 2008-2015年実績「化粧品マーケティング要覧2009-2016」、ラサーナブランドとして(富士経済調べ)
(※2) ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス
(※3) ラミナリアディギタータエキス(シャンプー)、トチャカエキス(トリートメント)
(※4) シルト
(※5) ココイルグルタミン酸TEA、ココイルアラニンTEA、ココイルグリシンK
(※6) 乳酸メチル


【使用方法】
(1)地肌に直接シャンプーをのせる
予洗いし、シャンプーを地肌に直接、数ヵ所のせます。
(2)マッサージしながら洗う
指の腹で、マッサージしながら洗います。
(3)しっかりすすぐ
よくすすいだのち、トリートメントをご使用ください。2〜3分おいた後、しっかりすすいでください。


【商品仕様】
■商品名:ラサーナ 海藻 海泥 シャンプー<クールタイプ>
・容量 230ml(約1〜2ヵ月分)
・本体価格 税抜1,600円
■商品名 ラサーナ 海藻 海泥 トリートメント<クールタイプ>
・容量 170g(約1〜2ヵ月分)
・本体価格 税抜1,600円
■発売時期/販売方法
2017年6月25日 通販・インターネット販売(数量限定)

<ラサーナ公式通販サイト> http://www.lasana.co.jp/

■会社概要
商号 : 株式会社ヤマサキ
代表者 : 代表取締役 山崎 宏忠
所在地 : 〒730-0843 広島県広島市中区舟入本町3-7
創業 : 1970年4月
資本金 : 8,000万円
事業内容: 化粧品の製造・販売
URL : http://www.corporate.lasana.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る