• トップ
  • リリース
  • アシスト、誤請求や過大請求を防ぐ「AEDAN for 誤請求防止」ソリューションを提供開始〜請求金額の検証を自動化し、「業務の正確性」と「サービスの多様化」を実現〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社アシスト

アシスト、誤請求や過大請求を防ぐ「AEDAN for 誤請求防止」ソリューションを提供開始〜請求金額の検証を自動化し、「業務の正確性」と「サービスの多様化」を実現〜

(@Press) 2017年05月18日(木)11時45分配信 @Press

株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、URL:https://www.ashisuto.co.jp/、以下アシスト)は、ディシジョン・オートメーション・プラットフォーム「AEDAN(えいだん) 〜 Ashisuto Enterprise Decision AutomatioN 〜」の業務適用ソリューションとして、大量で複雑なルールに基づき請求業務を行う企業向けに、請求金額の検証を自動化する「AEDAN for 誤請求防止」ソリューションの提供を開始します。

アシストが提唱するAEDANは、「企業のビジネスプロセスのデジタル化」と「人による判断の自動化」を実現するビジネスプラットフォームです。AEDANは、あらゆる業種/業務における様々なデータやシステムに連携することで、企業の業務効率を劇的に向上させることができます。このAEDANを具体的な業務に適用したソリューションの第一弾が、今回提供を開始する「AEDAN for 誤請求防止」ソリューションです。

昨今、度々ニュースに取り上げられる「誤請求、過大請求」は、引き起こした企業に対策費用や賠償費用といった金銭的な損失をもたらすだけでなく、顧客への信頼失墜という事業存続に致命的なダメージをもたらすことがあります。

誤請求が発生するシステム面の原因には、多様化する顧客ニーズに応じたサービスラインナップの拡大により、料金計算ルールが複雑化することや、計算ルール自体に不具合が内在することなどが挙げられます。しかし、誤請求を避けるためのチェック機能を既存システムに組み込もうとすると、改修費用が高額になったり、計算ルールの変更に柔軟に対応できなくなる場合があります。

アシストが提供する「AEDAN for 誤請求防止」ソリューションは、適切な請求チェックルールに基づいた請求内容の検証と、正確な請求金額の算定を自動化します。請求チェックルールや料金計算ルールをシステムのソースコードから切り離して管理することで、既存システムには大きな改修を加えずに誤請求を防ぐとともに、料金計算ルールの変更にも即座に対応できるようになります。

●「AEDAN for 誤請求防止」ソリューションの活用イメージ

AEDANのディシジョン自動化エンジンであるProgress Corticonに料金計算ルールを実装し、既存の契約管理システムから、EAIツールDataSpider Servistaを用いて抽出した請求明細データをチェック/判定することで、請求金額に間違いがないかを検証できます。「AEDAN for 誤請求防止」ソリューションにより、既存システムと併存しながら、改修コストや業務改善などの課題を解決することが可能になります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/128841/img_128841_2.jpg

----------------------------------------------------------------------
■「AEDAN 〜 Ashisuto Enterprise Decision AutomatioN 〜」について
----------------------------------------------------------------------
デジタル・トランスフォーメーションで重要なことは、ビジネスプロセスのデジタル化と人による判断(オペレーショナル・ディシジョン)の自動化です。それらディシジョンの自動化を実現するのが、次世代ディシジョン・オートメーション・プラットフォーム「AEDAN(Ashisuto Enterprise Decision AutomatioN)」です。様々なデータやシステムと連携することによって、ビジネスの競争力向上を強力に支援します。

----------------------------------------------------------------------
■「Progress Corticon」について
----------------------------------------------------------------------
Progress Corticonは、世界40ヵ国以上で利用されているビジネスルール管理システム(BRMS)です。ビジネスルールの変更をコーディングレスでシステムに反映することができ、開発や変更に費やされる作業時間を大幅に短縮します。

----------------------------------------------------------------------
■「DataSpider Servista」について
----------------------------------------------------------------------
「DataSpider Servista」は、システムの接続方法やフォーマットの違いを意識することなく、すばやく簡単に「つなぐ」ことができるデータ連携ソフトウェアです。プログラミングの高い知識を必要としないGUI開発環境を提供し、クラウドやSAP、データベースといった様々なタイプのデータを手軽に接続できるアダプタを介して、データ連携の自動化と業務の効率化を支援します。

----------------------------------------------------------------------
■ニュースリリースに関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
株式会社アシスト 広報担当:田口、岡部
TEL:03-5276-5850
URL:https://www.ashisuto.co.jp/contact/press/

----------------------------------------------------------------------
■製品に関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
(AEDAN/Progress Corticon)
株式会社アシスト
情報基盤技術統括部 プログレス推進部 担当:小林誠、遠藤
TEL:03-5276-3653
URL:https://www.ashisuto.co.jp/product/theme/bi/falsebilling_aedan.html
URL:https://www.ashisuto.co.jp/corticon/

(DataSpider Servista)
株式会社アシスト
情報基盤技術統括部 ビジネス推進部 担当:宇野
TEL:03-5276-3653
URL:https://www.ashisuto.co.jp/dataspider/

----------------------------------------------------------------------
※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る