• トップ
  • リリース
  • ピザハット「ビックデータを活用したWeb接客ツール」導入!

プレスリリース

  • 記事画像1

日本ピザハット株式会社

ピザハット「ビックデータを活用したWeb接客ツール」導入!

(@Press) 2017年05月16日(火)09時00分配信 @Press

日本KFCホールディングスグループの日本ピザハット株式会社(社長:中村 昭一、本社:神奈川県横浜市、以下:日本ピザハット)が展開する世界最大のピザチェーン「ピザハット」では、「ピザハット公式サイト」のPC版/スマートフォン版にて、株式会社Sprocket(社長:深田 浩嗣、本社:東京都世田谷区、以下Sprocket)が展開する顧客育成プラットフォーム「Sprocket(スプロケット)」を使った機械学習によるWeb接客ツールを本年4月28日に導入しました。

この取り組みは、「ピザハット公式サイト」の操作性の向上を目的とするもので、ビックデータを活用し「ピザハット公式サイト」上部にポップアップ表示される「WEB接客エリア」の表示内容を自動的に切り変えることで、ユーザーの傾向に合わせて最適な案内が表示され、よりスムーズな注文がすることができ、また、クーポンなどのユーザーが望む情報が表示されるものです。

ピザハットで保有している大量のビックデータとユーザーのサイト内での行動を元に判断し、常にユーザーの意向に沿った表示することができるようになります。

ピザハットWEBサイト https://pizzahut.jp

ピザハットでは、今後も先進的なサービスの導入でピザハットのご利用機会を創出し、今後も、おいしいピザをご提供するとともに、お客さまの利便性の向上を図ってまいります。

ピザハット「ビックデータを活用したWeb接客ツール」概要は、以下の通りです。

--------------------------------------------------------------------------------
■ピザハット「ビックデータを活用したWeb接客ツール」概要
□導入開始日:4月28日(金)

□内容:「ピザハット公式サイト」の操作性の向上を目的とするもので、ビックデータを活用し「ピザハット公式サイト」上部にポップアップ表示される「WEB接客エリア」の表示内容を自動的に切り変えることで、ユーザーの傾向に合わせて最適な案内が表示され、よりスムーズな注文がすることができ、また、クーポンなどのユーザーが望む情報が表示されるものです。

□ピザハットオンラインURL: https://pizzahut.jp


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る