• トップ
  • リリース
  • 拡大するセキュリティ市場に生体認証で貢献 〜「JB Group IT Forum 2017」出展〜

プレスリリース

株式会社ディー・ディー・エス

拡大するセキュリティ市場に生体認証で貢献 〜「JB Group IT Forum 2017」出展〜

(@Press) 2017年05月16日(火)16時00分配信 @Press

指紋認証を始めとした様々なセキュリティ・ソリューションを提供する株式会社ディー・ディー・エス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:三吉野 健滋、以下 DDS)は、「JB Group IT Forum 2017」(主催:JBCCホールディングス株式会社)に出展し、改正個人情報保護法に対応した多要素認証統合プラットフォーム「EVE MA」を展示いたします。
JBグループは、関連市場に強いリレーションをもってビジネスを推進している、日本IBMの国内最大手のビジネスパートナーです。

5月30日に施行される改正個人情報保護法では、従来の大規模個人情報取扱事業者を対象とした5,000人要件が撤廃されたことにより、すべての個人情報取扱事業者が改正法の適用を受けるようになります。これにより、個人情報取扱事業者は各府省庁等が策定するガイドラインに従った運用を実施する必要があり、システム上のセキュリティを強化する必要に迫られることとなります。

ブースでは、改正個人情報保護法に対応する機能追加を行った「EVE MA」を展示いたします。個人情報の取得・保管の各フェーズで、取扱いガイドラインの遵守に必要な運用をサポートする機能をご覧いただけます。また、指紋認証、顔動画認証、静脈認証、ICカード認証およびパスワード認証を自由に組み合わせる多要素・二要素認証の精度・スピードを体感いただくとともに、企業が抱える様々な課題に対して最適なセキュリティ・ソリューションをご紹介いたします。


【JB Group IT Forum 2017とは】
毎年、当フォーラムでは、経営・業務に新たな価値を創出し、未来につながるIT活用を、JBグループ及びパートナー各社とともに、セッションや展示を通じてご紹介しており、今年で12回目の開催となります。


【開催概要】
大阪 :5月23日(火) ホテル阪急インターナショナル
名古屋 :5月31日(水) ヒルトン名古屋
東京 :6月2日(金) ザ・プリンス パークタワー東京
開催時間:12:30〜17:30
入場料 :無料【事前登録制】


【テーマ】
「Transform ― ITのチカラで、未来を変えよう。」
詳細・お申込み: http://www.jbgroup.jp/it17/#entry


■展示製品
〇多要素認証統合プラットフォーム「EVE MA」
・指紋、顔、静脈、ICカード、パスワード等を組み合わせた認証で情報漏洩を防止。
・改正個人情報保護法対応機能(個人データの管理に関する義務、個人情報の取得に関する義務の順守をサポートします)。
https://www.dds.co.jp/product/13/


≪株式会社ディー・ディー・エスについて≫
DDSは、指紋認証ソリューションのリーディングカンパニーとして創業以来、産学連携による技術開発に積極的に取り組んでおります。多様化する情報セキュリティ・ソリューション・ニーズに対応可能な「多要素認証統合プラットフォームEVE MA」および「二要素認証ソリューションEVE FA」をはじめとする情報セキュリティ製品の開発・販売を行っております。
2014年4月、オンライン認証の標準化団体であるFIDO(Fast IDentity Online)アライアンスに、国内企業として初めて加入。2015年10月に、FIDO認定製品である指紋認証デバイス“magatama(TM)”を発表、2017年5月より、生体認証を活用した認証システムの構築を実現する「マガタマ ソリューションパッケージ」の提供を開始し、本人認証の世界を広げる新しい認証サービスの普及に努めております。


※プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。


≪本件に関するお問い合わせ先≫
株式会社ディー・ディー・エス
営業本部 バイオ営業部
TEL : 03-3272-7900
Email: sales@dds.co.jp

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る