• トップ
  • リリース
  • 日本語を活用した超初心者向けの英会話トレーニング教材が発売〜脳が教える究極の会話システムがバージョンアップ〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

日本語を活用した超初心者向けの英会話トレーニング教材が発売〜脳が教える究極の会話システムがバージョンアップ〜

(@Press) 2017年05月11日(木)11時00分配信 @Press

英語教育に関する教材の企画・販売などを行う株式会社elifet(本社:大阪府豊中市/代表取締役:岩崎 貴之)は、大阪観光大学・国際交流学部の池田和弘教授のもと、英会話の苦手な日本人にとって最も効果的な学習方法を追求した新しい教材『スピークエッセンス』を本格的に販売開始しました。

『スピークエッセンス』について
http://bright-eggs.com/speakessence/


本教材は、言葉の学習が、脳のネットワーク的な情報処理のプロセスであることに着目。既に頭の中にある「日本語回路」を有効に利用しつつ、ゆっくりと発音された英語を繰り返し聞くことで、「英語」を無理なくスムーズに脳に覚えこませるように工夫されています。そのため、「スピークエッセンス」は、英会話の学習経験がなくても、またチャレンジして上手くいかなかった人でも、説明通りに丁寧に学習していただくことで「話せる!」を仮想体験していただくことができます。

一般に、外国語として言葉を学ぶ場合には、4技能(聴く、読む、書く、話す)のうち、「話す力」、すなわち「スピーキング」が特に難しいと言われています。これまでの会話教材では、会話のメカニズムが十分に分析されていないため、スピーキングというより、むしろリスニングの教材という方が適切な点がありましたが、『スピークエッセンス』では、ただ「単発的に英語が口から出る」だけではなく、「会話をつなげる」ことができるようになっており、本当の意味でのスピーキング力が身に付きます。


【教材の主な特徴】
(1)マイクロ会話
これまでの会話教材は、話者Aと話者Bが数回会話をやり取りするダイアローグ形式か、ひとつひとつの英文を覚える表現集が主なものでしたが、『スピークエッセンス』では、会話の最小単位である一対の会話(マイクロ会話)を、ひとつのユニットとして学習するため、これを自由に組み合わせることで、何通りもの会話パターンで話すことができます。これが、「会話がつながる」という体感を生み出すのです。

(2)超スローリスニング
近年、「ナチュラルスピード」や、「2倍速」、「3倍速」といった高速リスニングが多くの教材で採用されています。しかし、速い音声では英語を明確に、かつ深く認識できないため、記憶に残りにくく、かつ発話力にはつながりません。日本語で、私たちが赤ちゃんに速く話しかけないのは、しっかりと音声を認識させようとするからです。
ここにはもう一つ大切な点があります。それは、「スピークエッセンス」の音声は、ただ単にナチュラルスピードの英語をスローにしただけではないという点です。この教材では、一語一語区切るように丁寧なポーズがしっかりと入っています。これは、脳が音声情報を受け取り理解する、つまり認識するには、わずかながら、しっかりとした時間が必要だからです。このような音声は、非常に深く記憶されるため、短期間で使えるようになります。また、正確なイントネーションも身につき、ネイティブな発音ができるようになります。

(3)単一音声の使用
これまでの会話教材は、ほとんどが、2名以上の話者によって音声を収録していますが、このようにすると、脳は、聞こえてきた音声を「他人の会話」、つまり自分の発話とは認識せず、定着が悪くなります。単一音声を使用すると、すべての発話をまるで自分の発話であるかのように錯覚するため、英語を確実に「自分のもの」として記憶できます。

(4)瞬間通訳練習
『スピークエッセンス』には、英文を組み立てる、つまり、英作するという発想はありません。なぜなら、文法的に英作していてはリアルタイムの発話ができないからです。脳のネットワーク的な情報処理の特長として、英文は意識的に組み立てなくても、適切なトレーニングによってほぼ無意識のうちに組み立てることができるようになります。それが、瞬間通訳練習です。この練習では、文字通り、瞬時に、日本語による思考を英語で口に出すトレーニングを行います。

(5)ナチュラルリスニング
『スピークエッセンス』では、トレーニング用の音声とは別に、ネイティブの男女によるナチュラルスピードの音声が用意されています。これは、学習した「マイクロ会話」をネイティブスピードで聴き直すことによって、実践的なリスニング力を身に付けるための工夫です。一度深く記憶した音声は、少しのトレーニングで、高速でも聞き取ることができるようになります。


【監修は英語教育の第一人者 池田和弘先生(大阪観光大学教授)】
「スピークエッセンス」を監修したのは、大阪観光大学・国際交流学部教授の池田和弘先生です。池田先生は京都大学を卒業後、大阪大学大学院言語文化研究科(修士課程)を修了。民間教育機関や阪大フロンティア研究機構研究員などを経て現職にあります。ベストセラーとなった『英単語こうすれば速く覚えられる』など著書が累計86万部以上販売された実績を持っています。池田先生は、徹底的に学習者の視点に立ち、30年以上、「最小の努力で最大の効果」を生み出せる教材や教育技術を追求しています。


【『スピークエッセンス』について】
『スピークエッセンス』は、当社が運営する教育サイト「Bright Eggs(ブライトエッグス)」( http://bright-eggs.com )を通じた販売となり、CDとテキスト一式で価格は送料無料の24,800円(税別)。ご購入者のサポート体制も充実していて、(1) 学習方法などを気軽に質問できる無料の電話相談(06-6152-8830) (2) 学習の効果をチェックできるオンラインレッスン(学習スタートから1ヵ月間、計4回まで無料)などが準備されています。


【elifet(エリフェット)】
代表取締役の岩崎貴之が2008年に設立。起業の目的は日本人の英語力向上と、教育とエンターテイメントの融合。英語学校、エリフェット インターナショナル アカデミーにて過半数の生徒が中学卒業時までに英検2級(高校卒業レベル)に合格するという実績を上げる。
社名の由来はEducation(教育)、Entertainment(エンターテインメント)、Environment(環境)の3つのEへの注力こそが、Life(人生)をLift(引き上げる)できるという概念からの造語。

オフィシャルwebサイト: http://bright-eggs.com
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る