• トップ
  • リリース
  • サイレックス・テクノロジー、2.4 / 5 / 60 GHz帯対応の無線LANモジュール3製品を新たにリリース

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

サイレックス・テクノロジー株式会社

サイレックス・テクノロジー、2.4 / 5 / 60 GHz帯対応の無線LANモジュール3製品を新たにリリース

(@Press) 2017年05月10日(水)10時00分配信 @Press

サイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:河野 剛士、以下 サイレックス)は、民生分野のワイヤレス機器組込み需要に対応すべく、新たにマイコン(MCU)用802.11bgn対応超低消費電力モジュール『SX-ULPGN』、802.11ac/abgn/Bluetooth 4.1対応低消費電力SDIO SiPモジュール『SX-SDPAC』、60GHz対応大容量高速M.2 PCIeモジュール『SX-PCEAD』の3製品の発売を開始しました。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/128171/img_128171_1.jpg
SX-ULPGN



これらのラインナップは、産業・医療・エンタープライズ系顧客機器への組込みソリューションを中心に展開してきた従来の製品体系とは異なる新しい位置づけとして、リリーススケジュールとコスト柔軟性を重視する民生用機器の無線化ニーズを支援すべく展開されます。日々、急激に変化するIoT市場ニーズに対応するため、「silex Lite Connect」プログラムのもとに、国内外の顧客に今後順次提供していきます。

尚、関連製品は、第6回IoT/M2M展(会場:東京ビッグサイト、会期:2017年5月10日〜12日)のサイレックスブース、及びクアルコムブースにて出展が予定されています。


◆「silex Lite Connect」プログラム:
サイレックスのワイヤレスパートナーであるクアルコム社設計のハードウェア・ソフトウェアリファレンス製品を、当社独自の基準で性能検証、その結果情報と評価キット、及び顧客要件に応じた周辺ソフトウェアサービスとセットで提供する新しいビジネスプログラムです。


◆「silex Lite Connect」対応製品概要:
1. 『SX-ULPGN』:小型・超低消費電力UARTモジュール
https://www.atpress.ne.jp/releases/128171/img_128171_1.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/128171/img_128171_5.jpg
http://www.silex.jp/products/module/sxulpgn.html?pr=170510

● Qualcomm Atheros QCA4010を搭載した、マイクロコントローラ(MCU)搭載機器向けの低消費電力・小型802.11b/g/n 1x1無線LANモジュールです。
● CPU速度、ROM/RAMなど物理的制限の多いMCUをプラットフォームにする機器の無線LAN対応組込み時、無線ドライバやTCP/IPの難しい処理をモジュール内部にオフロードする事が出来る為、システムの消費電力を抑えながら、開発工期とコストを低減し、機器の無線化を簡単に実現します。
● MCU接続はUARTを採用。当社独自開発のATコマンドによる簡単な操作で特別なスキルを不要とします。
● 日本、北米、ヨーロッパ 電波法認証を取得しています。

2. 『SX-SDPAC』:小型デュアルバンド低消費電力SDIOモジュール
https://www.atpress.ne.jp/releases/128171/img_128171_2.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/128171/img_128171_6.jpg
http://www.silex.jp/products/module/sxsdpac.html?pr=170510

● Qualcomm Atheros社のQCA9377 SoCを搭載した、I802.11a/b/g/n/ac/Bluetooth 4.1対応の1x1 SDIO SiP(System-in-Package)モジュールです。
● ホストインタフェースは無線LAN用にSDIO3.0、Bluetooth用にUARTインタフェース対応です。
● RFフロントエンドを内蔵しているため、 RF周辺回路の開発負担を軽減すると共に、5GHzと2.4GHzの両帯域を一本の外部アンテナでご使用いただけます。
● 6.9mm x 6.9mmとコンパクトなサイズのため、ホスト基板の省スペース設計に貢献、民生用バッテリ搭載のモバイル機器のデュアルバンド無線化に最適です。

3. 『SX-PCEAD』:60GHz対応大容量高速M.2 PCIeモジュール
https://www.atpress.ne.jp/releases/128171/img_128171_3.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/128171/img_128171_7.jpg
http://www.silex.jp/products/module/sxpcead.html?pr=170510

● Qualcomm Atheros QCA6320を搭載した、IEEE802.11ad対応のPCI Express M.2タイプ 無線LANモジュールです。
● 2.4GHz帯/5GHz帯に比べ帯域が広く、直進性が高い60GHz帯を使用するためキオスク端末やドッキングステーションなど、近距離で画像や動画などの大容量データを高速に転送するアプリケーションに適しています。
● Qualcomm Atheros社のTx/Rx ビームフォーミング対応専用アンテナとセットでご利用いただけます。

サイレックスは、産業・医療・エンタープライズ業務用途の「When it Absolutely Must Connect」(切れない無線)ビジョンの実現を追求する従来ワイヤレスソリューション製品事業の強化を今後も更に精力的に継続する一方で「silex Lite Connect」プラグラム製品の投入による新市場への参入を加速し、当社エンベデッドワイヤレス(組込み無線LAN)製品事業の更なる拡大を推進します。


【サイレックス・テクノロジーについて】
http://www.silex.jp/index.html?pr=170510
サイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町)は、機器をネットワークやワイヤレスにつなげるハードウェア・ソフトウェアの技術を核とした研究開発型企業です。
プリンタやMFPといったOA機器やワイヤレスルータなどのPC周辺機器をはじめ、医療機器・産業機器など確実な接続性が求められる機器にもネットワークやワイヤレスのノウハウを活かした製品を提案し、ビジネスの幅を広げています。品質基準を厳格に保つため、設計・開発・生産・品質保証といった一連のプロセスを「けいはんな本社」に集約しています。海外パートナーとの連携や新市場開拓、新技術の情報収集・開発などグローバルなビジネス展開のため、北米・欧州・中国・インドに拠点を設けています。


・記載された社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る