• トップ
  • リリース
  • Hybridチャットサービス「Smart M Talk」がAIと連携〜 LINEやWEBでのサポート業務をAIで効率化 〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

アルファコム株式会社

Hybridチャットサービス「Smart M Talk」がAIと連携〜 LINEやWEBでのサポート業務をAIで効率化 〜

(@Press) 2017年05月09日(火)17時30分配信 @Press

アルファコム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松原 悟)は、同社が提供するHybridチャットサービス「Smart M Talk」の機能を拡張し、人工知能(AI)との連携を実現します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/128135/img_128135_1.png
AI型ソリューション「TRAINA/トレイナ」との連携イメージ


第1弾として、テキストマイニングツール「TRUE TELLER」に代表される分析ソリューションのリーディングカンパニー、株式会社野村総合研究所の「TRAINA/トレイナ」(*1)と、「Smart M Talk」が連携します。更に、2017年度中に複数のAIソリューションとの連携を実現し、Hybridチャットサービスとしての更なる利便性・運用性の向上を図ります。
(*1):「TRAINA/トレイナ」の詳細は、 http://bigdata.nri.co.jp/traina/ をご覧ください。

今回の連携により、LINEやWEBからの問い合わせに対し「TRAINA/トレイナ」による無人接客で窓口業務の効率化を図り、目的を絞り込んだ上で必要に応じて「Smart M Talk」の有人接客に引き継ぐことが可能となります。


【Hybridチャットサービスについて】
PCやスマートフォンからの問い合わせに対し、WEBサイトに加えLINEや自社アプリを窓口にできるコンタクトセンター仕様のチャットコミュニケーションシステムです。
Hybridチャットサービス「Smart M Talk」は柔軟なカスタマイズ/システム連携が実現でき、導入後の自社での高い運用機能が特長で、多くの国内大手コールセンターユーザにご採用いただいています。


【「Smart M Talk」詳細】
製品(サービス)名:Smart M Talk
提供形態 :クラウドサービス、オンプレミス
料金(税抜) :初期費用500,000円〜
月額費用15,000円〜40,000円/1ライセンス
(専有クラウドサービスの場合)


【会社概要】
会社名: アルファコム株式会社(AlfaCom, Ltd.)
代表者: 代表取締役社長 松原 悟
本社 : 東京都中央区銀座1-7-3 京橋三菱ビル7F
設立 : 1998年1月(会社登記年月:1989年11月)
資本金: 3,000万円
URL : http://www.alfacom.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る