• トップ
  • リリース
  • 北海道大樹町にて星空案内もある野外音楽フェス「宇宙の森フェス2017」9月9日開催!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

宇宙の森フェス実行委員会

北海道大樹町にて星空案内もある野外音楽フェス「宇宙の森フェス2017」9月9日開催!

(@Press) 2017年05月11日(木)11時00分配信 @Press

宇宙の森フェス実行委員会は、“宇宙のまち大樹町”をより沢山の方々に親しみやすく楽しめる形でPRすることを目的として、宇宙をテーマにした野外音楽フェスティバル『宇宙の森フェス』を、北海道・大樹町にて2017年9月9日(土)に開催します。
イベントは、町内外在住の20〜30代メンバーによる実行委員会が中心となり企画、DIYでフェス作りを進めています。


北海道・十勝の南に位置する大樹町(たいきちょう)は、約30年間宇宙のまちづくりを進め、宇宙産業基地の誘致活動を進めています。JAXAの航空宇宙実験や民間企業のロケット開発も行われました。

▼『宇宙の森フェス』
公式サイト  : http://www.uchunomori-fes.com
公式Facebook : https://www.facebook.com/uchunomorifes
公式Twitter : https://twitter.com/uchunomorifes
公式Instagram: https://www.instagram.com/uchunomorifes

▼大樹町
公式サイト: http://www.town.taiki.hokkaido.jp/


【宇宙の森フェスとは?】
宇宙の森フェスは、大樹町内外に暮らす20〜30代メンバーが企画した「ロマン溢れる宇宙」と「美しい大自然」という大樹町の2つの特色をテーマに掲げた野外音楽フェスです。
2016年の初開催では、フェス開催の約10日前に北海道を襲った台風の被害を受けるなどの多くの苦難がありながらも無事開催を果たし、当日は大樹町の人口の約1割にもあたる約600名のお客様が来場しました。
当日は、the band apartのギター・ボーカル 荒井岳史やDJ/プロデューサーの須永辰緒、大樹町出身のKeishi Tanakaをはじめとしたアーティストのパフォーマンスが行われ、満天の星空を天然プラネタリウムに見立てた「星空案内」、森に流れ星などを映し出す「ライティングパフォーマンス」で、多くのお客様に宇宙や自然を身近に感じるひとときを過ごしていただきました。


【宇宙の森フェス2017について】
2017年は、フェスのコアでもある「宇宙」と「大自然」のテーマをよりパワーアップさせ、より多くのお客様に非日常の特別な1日を楽しんでいただけるようにして参ります。

当日は、サニーデイ・サービスのボーカリスト/ギタリスト 曽我部恵一やカジヒデキ、大樹町出身のKeishi Tanaka、その他十勝在住のアーティストなど全8組が出演を予定しています。

また、音楽だけではなく、堀江氏が創立者である民間ロケット開発企業 インターステラテクノロジズ株式会社によるロケット実験VR(バーチャルリアリティ)体験などの「ロケット体験ブース」や、天文台の星空案内人による「星空案内」、光と音で宇宙を表現する「宇宙の森Specialライティングパフォーマンス」、木登りアクティビティ「ツリーイング体験」、「世界に1つだけの食器 木のスプーン・フォーク作りワークショップ」など、宇宙や自然をテーマにしたアクティビティが満載です。また、当日は地元食材を楽しめる飲食店やこだわりの雑貨を販売する「森のマーケット」もあり、丸一日楽しめる総合エンターテイメントイベントとなります。
森の中にレジャーシートを敷いて、心地良い音楽を聴きながらお昼寝をしたり、美味しい食事を楽しんだり、ステージの前でアーティストと一緒に盛り上がる…など、様々な楽しみ方ができます。
音楽やライブが好きな方はもちろんのこと、お子さまから大人までが思い思いに楽しむことができます。

5月中旬にはCAMPFIREにて「宇宙の森フェス応援クラウドファンディング」にも挑戦する予定。また、その際に数量限定の早割チケットも発売予定です。

宇宙の森フェス実行委員会は、フェスだけではなく大樹町をより多くの人に知ってもらいたいという思いのもと、今年は拠点となる事務所を、DIY・改装し、フリースペースをオープンさせるなど、地域おこし事業にも一層力を入れています。


《宇宙の森フェス概要》
日時      :2017年9月9日(土) OPEN 10:00 LIVE 11:00-21:00
会場      :北海道大樹町カムイコタン公園キャンプ場
         〒089-2261 北海道広尾郡大樹町字尾田217-3
チケット    :前売券 4,000円(5月下旬販売予定)
         当日券 5,000円
         中学生以下無料、高校生ドリンクチケットサービスあり
         ※クラウドファンディングで
          早割チケット販売予定(5月中旬予定)
チケット購入場所:チケットぴあ/e+(イープラス)/Peatix/
         帯広 藤丸百貨店/帯広市民文化ホール/HOTEL NUPKA/
         道の駅 コスモール大樹
         ※5月下旬に販売開始予定
主催      :宇宙の森フェス実行委員会


【大樹町について】
大樹町(町長:酒森正人)はこれまで約30年もの間「宇宙のまちづくり」を行い、民間ロケット企業の誘致活動や、航空宇宙に関する実験場の整備などを行ってきました。町内では民間ロケット企業やJAXA、大学などによる航空宇宙の実験が行われています。また、町内を流れる歴舟川は日本一の清流に選ばれており、カヌーイスト(カヌー愛好者)の間では聖地と呼ばれています。2016年度は、オレンジ・アンド・パートナーズ、Village Inc.による「地球に泊まろう」をコンセプトとしたグランピング事業もスタートしています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る