• トップ
  • リリース
  • TSUBASA金融システム高度化アライアンス加盟行によるAPI共通基盤構築プロジェクトの開始について

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社 中国銀行

TSUBASA金融システム高度化アライアンス加盟行によるAPI共通基盤構築プロジェクトの開始について

(@Press) 2017年05月12日(金)10時00分配信 @Press

株式会社 中国銀行(所在地:岡山県岡山市、頭取:宮長 雅人)では、「TSUBASA金融システム高度化アライアンス」※加盟行及び共同出資会社のT&Iイノベーションセンター株式会社(取締役会長:森本 昌雄)、日本アイ・ビー・エム株式会社(取締役社長:エリー・キーナン)と共同で、オープンAPIに対応した「TSUBASA FinTech共通基盤」(以下、本基盤という)構築プロジェクトを検討開始しましたので、お知らせいたします。本基盤は、TSUBASAアライアンス加盟行のみならず、幅広く金融機関にご利用いただけるよう、検討してまいります。


フィンテック企業等の外部事業者の皆さまが、本基盤の採用行との接続において、同一仕様のAPIを利用できるため、先進的な金融サービスの提供が期待できます。
さらに、当行が提供するスマートフォンアプリ(中国銀行公式アプリ、かんちゃんNavi、ちゅうぎんパシャぺる)などのサービスおいても、本基盤を利用した機能拡張などにより、多くのお客さまに対して利便性の向上およびフィンテックを活用した新たな金融サービスの提供を図ってまいります。

※ フィンテックをはじめ、先進的なIT技術を調査・研究するために発足した枠組みで、現在、当行、千葉銀行、第四銀行、伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行の6行が加盟しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る