• トップ
  • リリース
  • コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社 新代表取締役社長にグレゴリー・メイが就任

プレスリリース

  • 記事画像1

コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社

コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社 新代表取締役社長にグレゴリー・メイが就任

(@Press) 2017年05月09日(火)11時00分配信 @Press

コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区、以下「コンチネンタルタイヤ・ジャパン」)は、2017年5月1日付けでグレゴリー・メイ(Gregory May)が代表取締役社長に就任したことを発表しました。


メイは、自動車、消費財業界において様々な多国籍企業のプロジェクトに参加、それらの事業を改善、成長に導いた豊富な経験を有します。

2007年にミッチェル・マディソングループにてマネジメントコンサルタントとしてのキャリアをスタート。2008年より、英国ヴァンガード・ストラテジー・リミテッドでシニア・アソシエイトとしてコンサルティング業務に従事し、2010年から2013年は英国のロイズ・バンキング・グループで小売り投資ストラテジー&インサイト部マネージャーとして活躍しました。

2013年にコンチネンタルAGに入社後は、中欧および東欧エリアにおけるリプレースメントタイヤビジネスの開発責任者として、2017年までの4年間、同エリアの成長に大きく貢献してきました。


代表取締役社長就任にあたり、メイは以下のように述べています。
「2014年に設立されたコンチネンタルタイヤ・ジャパンは、スタートアップのフェーズを終え、これからは安定した利益を生み出し、さらなる成長を目指す段階に移りました。私の知識とこれまでの経験を生かし、コンチネンタルタイヤ・ジャパンの成長と発展に全力を注いでいきます。そして、お客様とともに成長できる企業として邁進すべく、これまで以上に販売店やエンドユーザーの皆様からの期待にお応えし、さらなる信頼を獲得していきたいと考えております。」

1979年10月8日生まれ。オランダ人。
フンボルト大学ベルリン:理学修士号、経済・経営科学修士号取得
デルフト工科大学   :理学修士号、電気工学修士号取得
趣味は旅行、読書、映画鑑賞、スポーツをする事、美味しいものを食べる事。

前代表取締役社長のソーンク・シュリケは、コンチネンタル・コーポレーションのインターナショナルモビリティー部門の統括責任者に就任、ドイツへ帰任いたしました。


【コンチネンタル社について】
コンチネンタルは人とモノの輸送に関わるインテリジェントな技術を開発しています。信頼される業界パートナー、自動車産業サプライヤー、タイヤ製造、産業界パートナーとして、持続可能、安全、快適、カスタマイズ、アフォーダブルなソリューションを提供します。シャシー&セーフティー、インテリア、パワートレイン、タイヤとコンチテックの5部門の2016年度の売上高は約405億ユーロで、世界56カ国に約22万人の従業員を擁しています。

<タイヤ部門>
タイヤ部門は現在、全世界に24か所の生産および開発拠点と49,000人の従業員を有しています。幅広い製品ラインナップと研究開発への継続的な投資により、コスト効率的で環境にやさしいモビリティに大きく貢献しています。
2016年度の売り上げは約107億ユーロで、1億5,000万本以上の乗用車、トラックタイヤを販売しました。

<乗用車・小型トラック用タイヤ>
乗用車・小型トラック用タイヤは、ヨーロッパ市場においてトップメーカーのひとつであり、新車装着タイヤ、補修用タイヤ市場において世界4位です。自社のプレミアムブランドの製品開発において、転がり抵抗を最小化しながら、安全関連のあらゆる特性を最適化することに焦点を当てています。現在、ヨーロッパの自動車メーカーが発売する新車の約3分の1にコンチネンタルタイヤが装着されています。


【スポンサーシップ】
コンチネンタルのタイヤ部門は、AFCアジアカップ UAE 2019のオフィシャルスポンサーです。
http://www.ContiSoccerWorld.com

日本語公式サイト    : http://www.continental-tire.jp
日本語公式Facebookページ: http://www.facebook.com/continental.japan
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る