• トップ
  • リリース
  • フッ素を増量。高濃度フッ素配合(フッ素高濃度1,450ppm配合)予防歯科のためのトータルケアハミガキ『クリニカアドバンテージ ハミガキ』改良新発売

プレスリリース

  • 記事画像1

ライオン株式会社

フッ素を増量。高濃度フッ素配合(フッ素高濃度1,450ppm配合)予防歯科のためのトータルケアハミガキ『クリニカアドバンテージ ハミガキ』改良新発売

(@Press) 2017年05月02日(火)12時30分配信 @Press

 ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、『クリニカアドバンテージ ハミガキ』の有効成分として配合しているフッ素の濃度を1,450ppmに引き上げて、2017年6月から全国にて改良新発売いたします。

・商品画像: https://www.atpress.ne.jp/releases/127909/img_127909_1.jpg
(左から)
クリニカアドバンテージ ハミガキ クールミント
クリニカアドバンテージ ハミガキ シトラスミント
クリニカアドバンテージ ハミガキ ソフトミント


1.発売の狙い
 厚生労働省の調査(※)によると、1987年より25年間、成人(20〜40代)1人あたりのムシ歯の本数は減少(例:30-34歳の場合1987年14.3本→2011年10.7本)している一方、ムシ歯を1本でも経験したことがある人の割合は依然として95%を超えたまま、推移しています(例:25-34歳1987年99%→2011年96%)。
 ムシ歯予防に有効な方法の一つとして、フッ素の活用があります。フッ素には(1) 歯垢の細菌の活動を抑え、酸が作られるのを抑制する、(2) 溶けたエナメル質を修復する、(3) 歯質を強化するなど、ムシ歯の発生・進行を防ぐ作用があります。「予防歯科」先進国のスウェーデンを始めとする諸外国では、ハミガキなどに配合するフッ素濃度は国際基準(ISO)を採用しており、上限濃度は1,500ppmです。日本では2017年3月に、国際基準と同様にフッ素が1,500ppmを上限として配合されたハミガキの販売が認められました。
 そこでこの度、「予防歯科」を一歩前に進める『クリニカ』ブランドにおいて『クリニカアドバンテージ ハミガキ』の有効成分として配合しているフッ素の濃度を1,450ppmに引き上げて新発売いたします。
※「歯科疾患実態調査」厚生労働省(2011年)


2.発売日・地域
2017年6月 自然切替 全国


3.容量・価格
<容量>
クリニカアドバンテージ ハミガキ クールミント(医薬部外品) 30g/タテ型130g
クリニカアドバンテージ ハミガキ シトラスミント(医薬部外品) タテ型130g
クリニカアドバンテージ ハミガキ ソフトミント(医薬部外品) タテ型130g

<小売価格>
オープン価格


4.商品特長
(1) フッ素を1,450ppm配合(当社従来商品の約1.5倍)

(2) 予防歯科の3つのポイント「フッ素を残す」「歯垢を落とす」「菌を増やさない」を1本で実現

<歯垢を落とす>:当社独自の歯垢分散成分「TDS(テトラデセンスルホン酸ナトリウム)」(洗浄剤)が歯垢を落としやすくし、酵素「DEX(デキストラナーゼ)」が歯垢を分解・除去

<フッ素を残す>:“高密着フッ素処方”によりムシ歯の発生と進行を防ぐ“フッ素”が歯の表面に長く留まる

<菌を増やさない>:殺菌成分「LSS(ラウロイルサルコシンナトリウム)」がムシ歯の原因菌を殺菌し、ムシ歯を予防する

(3) 「TPP(ポリリン酸ナトリウム)」が歯石の沈着を防ぐ

(4) 清涼感のある『クールミント』、爽やかな『シトラスミント』、すっきりやさしい『ソフトミント』の3種類の香味を品揃え

*本製品の6歳未満のお子様へのご使用はお控えください。


<消費者の方> お客様センター 0120-556-913
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る