• トップ
  • リリース
  • 京都・丹後の着物職人による手織りネクタイブランド「KUSKA」イタリアの服飾展示会に出展し日本の伝統技術を世界に発信

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

京都・丹後の着物職人による手織りネクタイブランド「KUSKA」イタリアの服飾展示会に出展し日本の伝統技術を世界に発信

(@Press) 2017年05月10日(水)11時00分配信 @Press

絹織物の日本最大産地 京都・丹後でオールハンドメイドにこだわった商品を製織・販売するクスカ株式会社(所在地:京都府与謝郡、代表取締役:楠 泰彦)のブランド「KUSKA(クスカ)」はこの度、イタリア・フィレンツェで開催される世界最大のメンズ服飾の展示会「Pitti Immagine Uomo」に初出展し世界中のバイヤーに向けコレクションの展示発表を行います。

期間  : 2017年6月13日〜16日 4日間
開催場所: イタリア・フィレンツェ Fortezza da Basso内
URL   : http://www.pittimmagine.com/en/corporate/fairs/uomo/exhibitors.html

KUSKAは2010年から手織りのアイテムを国内で展開し、独自の風合いと自社でしか出来ない生産背景が特徴で日本国内の認知度を高めてきました。そして、この度KUSKAブランドをグローバルに展開していくためPitti Immagine Uomoに出展を決めました。


■50分の1に落ち込む「丹後ちりめん」。これからは「地内地製」がカギ
KUSKAでは、1936年から2010年まで丹後ちりめんの製造を生業としてまいりました。地場産業でもある「丹後ちりめん」の生産量は、1972年をピークに約40年間で50分の1にまで激減しています。これまでの産地の役割は、「染色前の真っ白な白生地を織り上げるところまで」。そこまでを産地内で行い、その後、産地外の着物製造業者などに販売されるという、産業の発展は「生地を織ること」が支えてきました。

しかしながら、海外から安い生地が入ってきたことや、丹後ちりめんのほとんどが着物に使われることが多いゆえに、着物の着用頻度が減少したことが、産地の衰退につながった背景として挙げられます。

そこでKUSKAは、「消費者が手にする最終商品まで」を産地内で作り上げることで、これまでの産地にはなかった価値を提供するブランドとして2010年に誕生しました。従来の丹後ちりめんの流通とは異なる仕組みで世界中にシルク織物を流通させることで、新たな価値を産地に提供します。産地内ですべてを製造するという「地内地製」をKUSKAは推進してまいります。


【KUSKA ビジョン】
日本の地方発信・地内地製ブランドとして地方の地場産業の活性と作り手の雇用創出につなげていきます。


【KUSKAフィロソフィー】
昔の織り技法で今のライフスタイルをコンセプトに伝統・ファッション・芸術の3つを融合させ、糸づくりから染め・手織り・商品完成まで職人の手仕事にこだわったモノづくりを行っています。


【直近のKUSKAの活動展開】
・2016年度版
中小企業庁発刊 小規模企業白書に掲載
・2016年
経済産業省 The Wonder 500(TM)に選出
・2016年、2017年
ANA機内販売誌にKUSKA掲載 国際線200便で展開


【主な取り扱い店(国内)】
<セレクトショップ>
ユナイテッドアローズ、ストラスブルゴ、ANA(国際線機内誌)等
百貨店:阪急メンズ東京、銀座和光、銀座松屋、高島屋、岩田屋三越店 等


【会社概要】
会社名   : クスカ株式会社 ※展開ブランド名:KUSKA(読み:クスカ)
所在地   : 〒629-2314 京都府与謝郡与謝野町岩屋384-1
創業    : 1936年
代表者   : 代表取締役 楠 泰彦
TEL     : 0772-42-4045
FAX     : 0772-42-4731
ホームページ: http://www.kuska.jp
Facebook  : https://www.facebook.com/kuska.1936
Instagram  : https://www.instagram.com/kuska1936/


【店舗概要】
名称  :KUSKA SHOW ROOM&CONCEPT SHOP
所在地 :〒604-8136
     京都市中京区三条通烏丸東入梅忠町20-1 烏丸アネックス3F
     ※ 地下鉄「烏丸御池駅」5番出口より徒歩1分
営業時間:13:00〜20:00
定休日 :火・水


【クスカ株式会社 ブランドプロフィール】
1936年創業、日本最大の絹織物産地・丹後にて、地場産業の丹後ちりめんの製織・販売を始める。2010年に3代目となる現社長・楠 泰彦が大量生産・大量消費に疑問を抱き、作り手の思いの詰まった商品が作りたいと、あえて手織りに特化し、「昔の織り技法で今のライフスタイル」をコンセプトに伝統・ファッション・芸術の3つを融合させるブランドKUSKAを立ち上げる。主にメンズ服飾雑貨を作製し、ユナイテッドアローズや阪急メンズ東京にてコレクションを展開中。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る